感染者が減ってくると理屈抜きに嬉しいなぁ \(^o^)/

なんと自分は単純なのかと思いますが、やっぱり「新規感染確定者」が減ってくると嬉しい。

みんなMCOで頑張ったね~~~~。それぞれはいろいろ事情はあるにしても。

回復する人たちの人数も増えているのにも、「おめでとう~~~」と言いたい。

ICUに入っている人、人工呼吸器を付けている人もどんどん減ってる。赤枠ね。死の淵から生還したと喜んでいる人たちが一杯いるんだろうな。おめでとう~~~~。私の母は去年、ICU+人工呼吸器から生還することはなかったけれど、他人事ながら嬉しい。本人はもちろん親族や友人知人がどれほど歓喜しているか手にとるようにわかる。母も一緒に拍手しているような気がする。

あとは「入院患者」がどんどん減ればしめたもの。

保健省のDatuk Dr Noor Hisham Abdullah氏は、「私達はまだ【森から抜け出ていない】」と表明。(このニュース)

今現在2168人(17日は2198人)の患者数を1500人~2000人減らす必要があると。

それって「ほとんど患者はいない」ってことになるけれど、是非とも早くそうなって欲しい。

さて、MCO第三フェイズは始まってまだ3日。これからどうなりますか。

ここからは今まで以上にニュースに注意してみていないと駄目だと私は思っていて、また突然、クラスターが見つかるかもしれないし、でもクラスターであるのがわかれば対処できるわけで、「感染経路がわからない感染者」の数字がどう動くのかに注目ですね。

そしてこの調子で減っていったら、MCOをどうするのだろうか。

私としては、MCO解除を心待ちにしている人は多いにしても、ここは安全第一で、あと2週間のオマケを「確認期間」「調整期間」として【規制を若干緩めて】延長しても良いと思う。MCOが長ければ長いほど、感染者のあぶり出しも出来るし、新規の感染者は減るはずで、「市中にいる感染者の【絶対数】をここでできるだけ減らす」ことは重要だと思う。

その後の対策、私達の運命もそれで決まるはずだし、たとえそれが「時間を巻き戻すだけ」だとしても3月初旬の状態に戻せれば、私達は勝つ自信はあるよね。

MCOが解除されてもお祭り騒ぎになることなく、自重は続けないとならないにしても、そしてMCOの解除も【段階的になるはず】で全面解除をあてには出来ないにしても、その時が待ち遠しい。

マレーシア、頑張れ! もう少しだ。

ところでニュージーランドだけれど、「感染者、重篤・死亡をいかに減らすか」ではなくて「コロナの完全撲滅」を宣言したそうだ。頼もしいね~~。国民もやる気満々ですと。

日本は・・・。「不思議な国、日本」を是非、世界に見せて欲しいなぁ。

東京もニューヨークのようになるはずだとバカにする連中を驚かせてやれ~~。

今でも日本の「100万人あたりの死亡者数」を見ると「日本だけが不思議状態」を維持している。

何度も書きますが、これは「対数グラフ」ですからY軸の数値をきっちり見てくださいね。各国の比較がしやすいように対数グラフになっているわけで、これを普通のグラフで表したら、日本だけがゼロにくっついている状態。でも最近、数値は1を超えた。(それでもイタリアの380分の1、イギリスの200分の1、アメリカの100分の1でしかない)

まさかアメリカに二週間、遅れているだけだったなんてことがありませんように・・・。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ