Wagyuは美味しかったけれど・・・・

ヨメさんと長男とで「焼肉屋に行こう」という話をしていたそうで、「その前に、買ったオージーWagyuを食べちゃわないと~」私が言いましたところ、では早速食べようという話に。

この真中の大きなブロックをローストビーフにしました。

低温調理ですが、脂が多いものはちょっと温度高めで「57度で4時間」としました。

周りはしっかり焼くのが我が家のお約束。

ナイフを入れる時が一番ワクワクしますが、美味しそ~~~。狙った通りの火の入り方。

簡単にサラダとスープを作り、ソースは醤油ベースのもので食べました。

美味しい~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と思ったのですが、二枚目を食べ終わった時には「脂が・・・・」と思うように。

最期まで食べるのは苦痛でした。(T_T)

なんでこんなになっちゃったんですかね。本当に脂に弱くなりました。

ヨメさんも息子も「美味しいね~~~」と言うんですが・・・・。

今回の肉は日本では「イチボ」と呼ばれるお尻の肉。欧米では「Picanha(ピカーニャ)」と呼ばれ最近、流行りの部位なわけで、それはそれで良いんですよ。

でも脂が・・・・。

この肉はオーストラリア産WagyuのMB9ですが(日本の和牛で言うA5みたいな)、もっとマーブルの度合い(サシ)が弱いものが良いのかもしれない。MB6辺りか。和牛で言えばA3ぐらい。

脂が駄目ならWagyu、和牛で無いほうが良いのかもしれないけれど、やっぱり和牛の味は美味しいと思う。

それともやっぱりアンガス牛(日本で言う黒毛牛)の方が良いのか・・・。

難しいですね~~~~~~。

どういう肉でどこで買ったかなどの詳しい話はこの日記で・・。

Dabo's life in KL, Malaysia

最近、通販(デリバリ)で買う食材でハズレばかり買っているので、そこそこまともなものを探していました。 そして牛肉ですが、…

 
 
 

No tags for this post.