海産物販売店「Top Catch Fisheries」の紹介。デリバリ対応。

海産物の販売店で、最近、結構名前を聞くようになったお店である「Top Catch Fisheries」を紹介します。

お店の許可をもらいましたので、画像や商品・価格リストも出します。

お店は二店舗あって、OUGとPJ。フェイスブックはここ。デリバリにも対応。

まずはフェイスブックの「写真だけ」見てみるのが良いと思います。下の画像をクリックするとフェイスブックの「写真のページ」が表示されます。

以下はお店の情報。画像のみです。

これは「商品・価格リスト」でPDFです。写真付き。必見!!

TCF_MCO_Menu_Price_11012021

textでの「在庫・価格リスト」。これが最新のはず。写真無し。

top catchの商品・価格リスト

以下の画像はこういうのがありますというサンプル画像。

注文時にはWhatsappで以下のように注文しますが、上の方にある画像から、ご自宅に近い店舗をOUGかPJから選び、書いてある電話番号にまずはWhatsappで「デリバリをしてもらいたい」と名前と住所を書いて送るのが良いと思います。

注文時には下の太字のところだけ送信すればOK。

Please advice
Name :
Delivery / pickup date:
Delivery details :

Order items & quantity:

Please place order before 6pm daily so crew can help crosscheck on product availability.
Delivery order is for next business day delivery.
We will then pack your items and revert with total cost for payment via online transfer.

注意事項。

1) Some items may not be available due to shipment issues during MCO, it’s best to check item availability with Top Catch Fisheries.

2) Pricelist is for 16 Jan 2021. The items pricing is subjected to change/update.

3) Items availability between OUG and PJ outlet is slightly different. The information you have, is specific to PJ outlet.

4) Some items need to preorder in advance.

For any queries, do reach out to us.

我が家は「単品集中主義」ですので(いろいろな種類の海産物を手に入れるのが難しいオーストラリア生活が長かったのでそういう習慣になってしまった)、多品種(盛り合わせの様な)を手に入れることはほとんどありません。でも一般的には「多品種」を欲しいのが普通でしょう。

そういう点で、このお店はかなりの種類を持っていますし、良いんじゃないでしょうか。日本料理店に頼むよりはコスパは良いはず。

ただ価格的には(私から見ると)いろいろで決して安いとは思わないのだけれど、そこは総合的に考える必要があって、そういう意味では良いんじゃないかと。

品質的なものは、こればかりは当たり外れがあって当然ですし、高級志向の和食店、海産物に自信を持っている和食店と比べるべきでもないとは思いますが、一般論で言えば及第だと思っています。

またこのお店が良いと思うのは「非常に良い【真空パック機を使っている】という点」。これは見逃しがちですが、重要なポイントだと思っています。

殆どのものは「輸入卸商から仕入れている」はずで、それを小分けにして小売をするビジネス形態でしょう。もし輸入卸商から買うルートをお持ちの方は「より良いものをより安く」「日本産の鮮魚、活魚でさえ」手に入れることは可能ですが、輸入卸商から買う場合には「ロットが大きい」のが問題。それこそ「活け締めの鮮魚」も手に入りますが、「一匹丸々買うしかない」わけで、真鯛が欲しくても「2キロの真鯛」をどうする?「誰が捌くんだ?」となる。

また最近、小売を始めた輸入卸商があって、小分けしたものも販売していますが、価格はそれなり。

またこの「Top Catch Fisheries」は決して高級志向ではなく、手軽に家で海産物をいろいろ食べたいと思う場合には、私はクアラルンプールでは「5本の指に入る」と思っています。海鮮モノ以外の和食材もありますし、便利なはず。

またこの「Top Catch Fisheries」とは別に、活け締めの魚を販売している大手業者がありますね。それは「Ikejime Fish Malaysia」(ここをクリック)。この小売部門も最近は様々な海鮮モノを扱っていますし、この2店舗をうまく使い分ければ、かなり面白いと思っています。

あああ、そして絶対に忘れてはならないのは、「生きているタイガー海老」をデリバリしてくれる「Infinite FRESH Seafood Supply」(ここをクリック)

活エビなのにキロ単価は50リンギという驚きの価格。(当然、養殖物)

この3店舗だけで、幸せになれるかも知れない・・・。 (笑)

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ