久しぶりの「和食材いろいろ」が美味しかった~~

我が家は外食はほとんどしないし、当然、高級和食店にも行きませんから、どうにか家で楽しもうといろいろ考えています。

今回はなぜかヨメさんと意気投合しまして、奮発していろいろと和食材にこだわってみました。

そして、家飲み居酒屋の開店。(笑)

まずはこれで、飲み会の開始。

やっぱりはずせないのが我が家の定番の「タコ」ですが、今回はマダコの蒸したもの。一人、足一本ずつでこれが今日のメイン(笑)。最近は私のタコ好きが家族にも蔓延した様子。ただしヨメさんが切ったので、大きめのタコぶつが好きな私はちょっと不満。(私はやっぱりミズタコの(生の)刺し身のほうが好きかもしれない)

そして日本ではそろそろ時期も終わりの「(赤)ナマコ」(日本からの空輸)。これは本当に久しぶりで嬉しかった~~。美味しい本場新潟の6年寝かした「かんずり」(日本からの取り寄せ)も用意しました。ポン酢は旭ポンズですが、ヨメさんが手を加えていました。でも細かいことは私にはわからず。

ごっそりあった数の子もこれでやっと終わり。松前漬け。

長芋+大葉のイベリコ豚巻き。これは半端じゃなく美味しかった。イベリコ豚って不思議だ。

最近、ヨメさんがかなり惚れ込んでいる「わさび菜」(からし菜の仲間)(日本からの空輸)のおひたし。これは本当に日本の味で美味しい。

今までとは全く違う和食材ばかりで、焼酎も美味しかった~~。

そしてシメは自家製鮭フレークといくら。いくらは醤油漬けですが、今までとは違うランクのがあったのでそれにしてみました。全然違うのでびっくり。また鮭フレークですが、いつもはB.I.G.の魚売り場の鮭を使うのですが、今回はノルウェイ産のアトランティックサーモン(通販)にしたら、ヨメさんが美味しいと大喜び。

ナガイのもずくスープ(日本から取り寄せ)。お湯を入れるだけのものだけれど、ちゃんと出汁をとってそれを使うと大化けする。そして何よりも嬉しいのが「三つ葉」(日本からの空輸)。これが大事なんですよね~。

あれ?これだけか?

書き出してみると少ない感じ。

でも全部、美味しかったし嬉しかった~~。ハイライトはやっぱり「ナマコ」ですかね。日本からの空輸物ですが、まだ生きていました。腸も大事に取り出して、現在、「このわた」を作成中。

ナマコの腸。大きなナマコが4匹ですが、大さじ一杯にも満たない。このわたを買うと高いのがよく分かる。

ナマコはこんな形で納品されました。

開けてびっくり。かなりの量。死んでるもんだと思っていましたが、生きていました。

これを塩でしっかり揉み洗いをして「ヌル」を取り、半分に割って内臓を取り出してからさっと湯通し。後は切って食べるだけ。簡単。

半分は残りましたが、酢水につけて冷蔵庫に入れておけば2,3週間はもつので、チビチビ食べることにします。

それとやっぱり嬉しいのが「三つ葉」。

私は三つ葉が大好きなんですが、これがなかなか手に入らない為に(ローカルのが手に入らなくなった)、これまた大好きな「茶碗蒸し」を封印していました。三つ葉がない茶碗蒸しって悲しいですもんね。でも近日中に特大の茶碗蒸しを作る予定。ヨメさんは「三つ葉入りのだし巻き卵」を作ると張り切っていますが、三つ葉の争奪戦にならないと良いなぁ。こんなことで我が家はマジに喧嘩になりますから。(笑)

今回の特殊な和食材は「旬鮮マーケット(JMG)」と「千里」から入手しました。

海外に住んでいても日本と同じものが家でも食べられるって良い時代になったと思います。長かったゴールドコースト時代にはこういうことは出来なかったし・・・。

そして何よりも嬉しいのは、家で食べれば日本からの特殊な食材でもかなり安く食べられるということ。ここが私にとってはヒジョ~~~~に大事なところ。(笑)

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ