岸田新総裁ですかぁ・・・

高市新総裁を夢見ていましたが、やっぱり夢で終わった・・・。(┰_┰)

でもま、岸田氏というのは「安定路線」なんだろうと思ったり。少なくとも私は、私とは全く理念が違って、しかし強引な河野氏ではなかったのが救いに思えます。ましてや三◯◯トリオみたいな彼らが実権を取れなかったのは本当に良かった。

ま、理念や思想、好き嫌いは人それぞれで、私とは全く違う考え方、感じ方をする方は多いと思いますが、それはそれで良いし、皆が同じな方がおかしいし危険だと思っています。

岸田氏は主張らしい主張もしない人で「安定路線で行く」と思うし、それを議員も党員も選んだってことだと思っていますが、安定路線とは今後も今のまま進んでいくだろうということで、大きな改革が必要だと思っていた私としては本当にがっかりです。

でも意外というか、議員票では高市氏の方が河野氏より多かったこと。これはまだ自民党には愛国者が残っているという証拠だし、大きな改革を望む自民党議員も多いのがわかったのは良かったと思いました。また高市氏は「日本のタブー」を平気で口に出したし、これがキッカケで今まで議論されなかったことがちゃんと議論されるようになるだろうという期待もある。

でも河野氏が自爆したと言える部分もありますよね。年金を消費税でなんて言えば、みんな逃げるに決まってる。ドジですよね~。でも彼はそういう人だと思う。

でも既得利権を大事にしたい人たちは彼女を選ぶことはありえない。当然、岸田氏に流れる。また改革派だとしても、リベラル色が非常に強い河野氏の議員得票が少なかったのも私はまだまだ自民党には見込みがあると思いました。逆に党員党友票は河野氏が圧倒的一位って、一体なんなんだろうと思ったり。その理由が私には想像さえできない。

岸田氏は財務省に非常に近い人で、私は「諸悪の原因は財務省」だと思っているくらいで(森友問題しかり)、岸田氏は財務省をコントロールするどころか、コントロールされる側かもしれないと想像しただけで「絶望」に近いものを感じています。

積極財政とはならないどころか、スキあれば増税を求める財務省ですし、コロナが今後どうなるかはわからないにしても、締付けと増税の時代にならないことを祈るばかり。

岸田内閣で高市氏を財務大臣に任命なんてことになったらひっくり返るほどびっくりで嬉しいのだけれど、ありえないだろうなぁ。官房長官も良いなぁ。適職だと思うし、もし高市氏が官房長官になれば世間に名も顔も広まるし、次の総裁を狙える位置となる。でもそれだけに官房長官にはしないってのがあの世界なんだろうと思ったり。でも岸田氏も高市氏の若者の圧倒的な支持を無視できないはずだし、二人は連携したわけだからそこそこの場所にはつけるんでしょうね。官房長官が良いなぁ。。気になるのは河野氏の処遇。そして二階派はどうなるのか。幹事長が非常に大事だけれど、誰になるんだろうか。

やっぱり総裁選では「貸し借り」があるんだろうし、それがどういう結果として出てくるのかも楽しみ。

今回の総裁選ほど最初からずーっとウォッチしたのは始めてですが、正直なところあんなそれぞれの思惑(二階さんの動きも含めて)で日本のリーダーが決まってしまうのかという点でかなり驚きました。でもそれが政治なんでしょうねぇ。

結局、今の日本があるのも「皆がそれぞれの都合でそれを望んだ」から今があるわけで、大きな改革をしようという「下地」そのものが日本には無いのだろうと思っています。

私は今、トランプ大統領が再選されなかったときと同じ挫折感を味わっています。

2024年には高市総理大臣とトランプ大統領が握手をする姿を見られると期待していたんですが・・・。

えええーー?高市総理とトランプ大統領?冗談じゃないと思う人も多いんでしょうねぇ。

はぁ・・・・・・・、今日は体中の力が抜けてしまったようです。

やっぱり国にも世界にも期待せず、自己責任で生きる道を探すしか無いか。

でも高市氏に期待した若者が非常に多いのはネットの世界ではダントツの人気だったことからもわかるし、日本の若者にパトリオットが多いのがわかっただけでも私は嬉しい。日本はいつか変わる。変えて欲しい。頑張れ!若者!

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ