【カメラ・写真】iPhone 13 Proの「カメラ」が凄い

iPhone 13 Proですが、カメラが凄いですねぇ。

今までどのメーカーのどの機種のカメラが良いとかいろいろ言われてきましたが、iPhone 13 Proはそれらを飛び越えてしまった感があります。

それとも最近のスマホのカメラはそこまで進化したのか。

私はカメラが趣味で、そこそこのカメラ、レンズでないと満足しないタイプなんですが、iPhone 13 Proの写りにはかなり驚いています。

今までは「写真が好きなら絶対にちゃんとしたカメラで撮るべき」と信じてきましたが、それが揺らぎそうです。少なくとも5万円以下のコンパクトカメラならもういらないかもしれない。

ま、どんな被写体をどう撮るかで必要なカメラもレンズも違うわけですが、iPhone 13 Proは特に「動画がすごい」と思いました。「シネマチックモード」には本当に驚きました。また動画をどういうコーデックで撮るかが重要ですが、ProResが凄い。ProRes422で十分。ま、それでもデータ量が凄いことになりますが、スマホでここまでやるか?できるのか?と思う。

特に良いなと思ったのが「インカメラ」で、インカメラって自撮りをすぐ前面のカメラですが、ちょっとのっぺり感があるものの、いかにも自撮り用にイジってますという感じはない。

スマホだけで十分綺麗な映像を撮れる時代がとうとう来た。そんな風に思いました。当然、「一生保存しておく大事な画像、映像」という意味じゃなくて、日常を写す、映すならかなり良いんじゃないですかね。

こんな感じ。前のiPhone 12 Pro と比べると「スマホっぽさ」が無いように思います。映像がシャープで潰れた感じがないのね。センサーも大きくなって「暗所性能」も良さげ。マクロも撮れて、万能カメラと言っても良いと思う。

 

iPhone 13 Pro良いと思うなぁ。

でも私はアンドロイド派ですし、マックも持っていない。iPadも持っていない。昔はマック伝道師だったころもあるのですが・・。

それとですね、もう目が駄目で、スマホのサイズではアウトなのね。せめて8インチあればどうにかなると思うけれど、そんな大きなスマホってない。当然、iPhoneもそんなサイズはない。

ところが8インチってタブレットとしては小さいのね。だからタブレットでも中途半端な大きさでいろいろな機種があるわけでもない。

ということでどうにか使えそうなサムソンの8インチタブレットを入手したのですが、それをスマホ代わりに使うのは難しくて、現在、全く使いこなせていない状況。

もし私がまだ40代、50代だったらiPhone 13 Proに飛びついたかもしれない。あるいは今でもiPhoneのあのカメラ、性能を搭載した8インチ版が出たら飛びつくだろうと思う。

ここから話は飛びます。

最近、カメラの話題をブログに書くことはしませんが、ソフトの世界も進化していて、私が昔からこだわっていた「明るいレンズを開放で使う」という信念もぐらついています。つまり巷では「開放バカ」と言われるタイプで「ボケ」が大好きなのですが、それが「ソフトでかなりうまく作れる時代になった」のね。

もちろん完璧にはできませんが、私の欲しい画像の多くはそのソフトを使えば「作れてしまう」ことに気が付きました。

こういう「ボケを作る機能」って今では多くのスマホに着いていますが、ま、それはまだまだ使えるレベルだとは思わないけれど、それも進化しているし、PCのソフトでは出来も良くて良いと思います。かなり細かい調整、レタッチが出来る。

今までなら「明るいレンズ」が必要だったわけですが、「明るいレンズ」って大きい、重い、高価の三重苦なんですよね。でもそうじゃなくてもソフトでいじれるとなれば、「暗い(一般的な)レンズでもOK」となる。これってとんでもなく凄いこと。

これは「Luminar AI」というソフトの一つの機能でしかないのですが、この「Luminar AI」ってかなり優れたソフトでかなりのことが出来ます。普通のレタッチはもちろんのこと、バックグラウンドの空を入れ替えたり、不必要な物を消したり、明るさ、色の調整も非常に簡単。

私は長らくAdobeのLight roomを使っていて、これを手放すことは出来ないにしても「Luminar AI」は必需品となりました。Photo Shopよりも簡単で優れている部分もある。Photo Shopが必需品だという人でも「Luminar AI」と一緒に使えば作業効率は上がるはず。

機能の多さは凄くて、そしてどれも優秀で、このソフトを紹介するって簡単ではないのだけれど、とりあえずこんなソフト。

ケータイ Watch

 今回のネタはAIが処理を請け負いまくりの画像処理アプリ、SKYLUM「Luminar AI(ルミナーエーアイ)」。以前…

詳しいことはこちらから。

Skylum

Luminar AI(ルミナー エーアイ)は、AIが画像を解析し最適なプリセットを提案します。ユーザーは、テンプレートを…

体験版ソフトもあるので、ちょっと使ってみたら良いと思います。今までボツにした多くの写真を蘇らせることが出来るのに気がつくはず。

きっと将来的にはカメラでも「レンズを複数付けて」我々の目がそうであるように「カメラが距離も把握出来る時代」が来れば、「好きなようにボケを作れる」ようになる。

あと10年20年もしたら驚くような進化が来るとは思うのだけれど・・。

自分の年令を恨めしいと思う今日このごろ。その進化を享受できることはきっと無い。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ