【ワクチン】三回接種は有効だという研究結果

アイキャッチ

世の中では「ワクチンはオミクロンには効かない」という話が増えていますね。だからブースター接種どころかそもそもワクチン接種をする必要がないと言う人も増えてきた。

私はへそ曲がりですから、そういう論調が世の中に増えると逆のことに注目したいと思う性格。(笑)

で、「オミクロンに対しても3回接種は有効だ」という研究結果に関する動画。

この動画の中で気になったのは、「3回接種もオミクロンに感染しても、その後に出来る抗体は同等だ」ということ。

つまり、外国では「積極的にオミクロンに感染しよう」なんて運動があるなんて話も伝わってきましたが、それも満更大間違えではないということなんでしょう。ただし、「ワクチンの副反応」と「オミクロン感染の病状」、あるいはそれぞれの「後遺症」も無視はできないわけで、単純比較は出来ないですよね。私が最近気になっているのは「感染後の後遺症」ですが、これに関する報道は決して多くはないものの、後遺症がある人達はかなりの%のようす。

どちらにしても何をしても「安心安全は無い」わけで、どうするのが正解なのかも確かなことはわからない。

でもこの様な研究結果が続々と出ているようで、段々としっかりしたこともわかるようになるんじゃないですかね。

 

ただし、私が最近注目しているのは「ワクチンが効くのかどうか」「ブースター接種は本当に必要なのか」という点であって、【ワクチンを打つことの危険性】に関しては基本的にブログには書かないつもりでいます。

それらはフェイクニュースだというつもりは全く無くて、実際に問題がある。それどころか私は「問題は大アリ」だと思うくらい。

でも世の中は「問題があっても接種する必要がある」と考えていると思うわけで、いや、実際に何が起きたのか隠されているとか、きっちり報道をしない、それに関して述べればSNS上では削除されるとかの問題はあるにしても、決して安全安心じゃないのはわかりきったことだと思うんですよ。情報がほしければ探せばいくらでも出てくるわけで、テレビのニュースしか見ていない人にはわからないとしても、それは今の時代、「情報弱者」と呼ばれてもしょうがないわけで、そもそもテレビやニュースをあてにするほうがおかしいと私は考えています。

ニュースを信じるか?というアンケートで「イエス」と答えた人が圧倒的に多いのが日本で、アメリカを始めとする諸外国では「ノー」と答えた人が多い国も存在する。私はどちらかといえば「ニュースは信用しない性格」ですし、メディアは「プロパガンダの道具」ぐらいにしか考えていません。ましてや多くのお年寄りが好きな「報道という名のバラエティー番組」なんて感情に訴えるばかりで、そもそも専門家でもないコメンテイターやタレントのいうことをまともに受けとるほうがおかしいと思うくらいです。

また世界中ではとんでもない数のワクチンが打たれているわけで、死亡した人、後遺症を持った人も決して少なくない。これは事実で疑う余地もないわけですが、私は「それが起きても当たり前」だと思っているわけです。そしてそれをどうしても受け入れたくない人は打たなければ良いし、接種が義務化されたら他国へ逃げるのも良いと思っています。

私はというと何度も書きましたが、「接種は様子見」と考えていたのであって「ワクチン否定派」ではありません。

大げさに聞こえると思いますが、私は今は「戦時中」だと思っているわけです。敵は新型コロナ。

多くの人がコロナで死に、あるいはコロナがトリガーとなって既往症が悪化し死亡していますし、そのコロナの影響を防ぐためのワクチンでも死亡者が出ている。

これは受け入れるしか無いことで、それが嫌ならコロナからもワクチンからも逃げるしかない。で、それを選ぶのも自由でそれを止めたり、批判する権利は誰にもない。

今、私達は「山火事の真っ只中」にいると考えても良いと思うんです。

どうにか無事に生き延びたい。でもどの道を選んでも「無傷で生還できるとは思えない」わけで、政府や医療関係者に「どうにかしろ。助けてくれ」と言っても無駄で、安心安全は無い。自らを、家族を、愛する人を救うためには行くべき道を自分で選ばなければならない。

ただそれだけのことだと私は思うんです。

でも「命を救いたい」と頑張る人たちの善意を私は信じていて、その人達の言うことには耳を傾けようとは思っています。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ