未だに悪戦苦闘中の「マグロ丼」

Focal Marketingで売っている「インドネシア産のミナミマグロ」の冷凍物です。

冷凍状態でもやっぱりこれはイマイチの色ですねぇ。もうちょい赤味が欲しい。また部位的にも尻尾に近くて期待できない感じ。

温塩水解凍法で解凍。やっぱり赤味がインドマグロというよりキハダマグロみたいな色。そして赤身だとしても脂っけがなさすぎ。

空気に触れているともう少し赤味が出てきますが、それでもちょっと残念。

ただFocalの「インドネシア産のミナミマグロ」がいつもこうかというとそうでもなくて、下の画像の「中トロみたい」こともあるのね。ほんとにロットによってまるで違う。

全然、違うでしょ?これなら見た目だけでもそこそこ美味しいのがわかる。でも買ってみないとわからないのね。

Focalのこのマグロです。

いつもは「漬け丼」にするのですが、今回は「漬け」にはせずにそのまま刺し身を乗せて食べてみました。酢飯の上に刻み海苔を敷いてその上に乗せてあります。

ちょっとつまみ食いで食べた時にはそこそこ良さそうなので「漬け」にはしなかったのですが、それだとやっぱり「本性がはっきりしてしまう」のがよくわかります。

点数としてはやっぱり70点も付けられない。本当にもう一息なんだけどな~~~。

今回は一緒に食べた「モンゴイカ」が結構美味しかった。刻み柚子が効いてる。

またヨメさんが作ってくれた「(日本からの)菜の花の酢味噌和え」が美味しかった。

主役より脇役のほうが点数を稼ぐなんて困ったもんだ。

この柵で私と息子のマグロ丼を作ったのですが(ヨメさんは鮪の刺身は食べない)、3分の1ぐらい余ったんですよ。

早く食べちゃおうと思って、その余ったやつを【いつもの漬け】にして夜食に一人で「漬け丼」を食べたのですが、それのほうが美味しかった。点数で言えば72~3点か。

でもやっぱり後もう一息。あとちょっとでガッツポーズが出るんですが、そのちょっとの溝が埋まらない。

美味しい本マグロ、ミナミマグロの赤味があるだけで幸せになれるのに、なかなか難しいですね~~。

和食店で普通に食事ができるようになったから、バンサショッピングセンターの「厨(くりや)」に行ってみるかなぁ。

私がマレーシアで食べた一番美味しかった本マグロの赤身は厨(くりや)のこれでした。

二番目に美味しかったのは、自宅で食べたこれ。日本からの冷蔵空輸物。(コストでいうと上のマグロ丼の3分の1以下)

でも最小ロットでも1キロオーバーのこれだから、どうしても半分ぐらいは自宅で冷凍しないと食べきれないのね。でも自宅冷凍したら全く美味しくないとは言わないけれど、格段に劣化する。(┰_┰)

なにか良い手はないものですかね。

どう考えても、どうトライしても良い答えは見つからない。

ああ、そうだ。ワンモントキアラのビレッジグローサーももう2年近く行っていないけれど、中島水産は前と同じ様にやっているんですかね。

中島水産のお寿司をお寿司屋さんのお寿司と比べることは出来ないけれど、スーパーで売っているお寿司の中では私は一番だと思っています。ドンキより良いんじゃないかなぁ。ただ中島水産はシャリが・・・・・。

特にビレッジグローサーで土曜日曜に売っている「本マグロ」、それもこの「大トロ」はコスパ最強じゃないかと思うくらい。

シミ(内出血)が出ていて、まともなお寿司屋さんでは使わないレベルだけれど、普通に食べる分には全く問題がない。そして安い。

本まぐろづくしも良いと思うなぁ。これはもっと安い。

このレベルのものを家で普通に(安く)好きに食べられるようになるのが私の目標なんですよ。良い寿司屋の良い本マグロを食べたいわけじゃないのね。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ