Lazada またもや商品が届いていないのに納品済みになってる (┰_┰)

なんだか通販業界というか納品がめちゃくちゃになってるみたいですね。人手不足なんでしょうか。Grabも運転手が少なくて値上がりしているようだし。

5月11日にLazadaで注文したものがあるのですが、いつになっても届かない。で、フト自分のアカウントをチェックしてみたところ、なんと5月31日に【納品済み】となってる。嘘だ~~~~~~~~~~。

とりあえず店舗に連絡を入れたのですが、返事はすぐに来て、「私たちは出荷し、配送業者の手に渡ってからのことはわからない」とのこと。ですよねぇ。そんなことはわかっているんですが・・。

で、NinjaVANで改めてトラッキングをしてみると【Completed】となっている。(┰_┰)

NinjaVANが納品に来て「ドアの前に品物を置いていく」こともあるんですが、その場合は、ドアのところにある商品の【写真】をWhatsappで送ってくるのが普通。

そもそも納品に来ればコンドのゲートを通るはずで、その時に必ずセキュリティーから電話がユニットに掛かってくるわけです。「入れてもよいか?」と。その電話を受け取った覚えもないわけで、NinjaVANが納品に来たのかどうかそれさえもわからず。

NinjaVANのサイトに飛んで、Messengerでこれこれしかじかと書いて送りましたが、どうなることやら。

人手不足なんですかね。

通販で買物をしても、それを納品する業者はいろいろでPosLajuのこともある。で、今まで一番ひどかったのはPosLajuで、どこかの配送拠点で止まったままになっているなんてのは毎度の話。でもNinjaVANに関しては今まで問題はなかったのに、今回はこのザマ。

LazadaもShopeeもこれじゃ危なくて使えない。

でもそんなことはもう何年も前からわかっていたことで、「高額商品は買わない」と決めています。

だから今回のも金額的には24リンギとか、そんな安い商品。それはShopeeから買って行方不明のマウスも同様。(笑)

でも無いと困るんだよ~~~~~~~~~~~。

そうかと思えば、Lazadaで買ったTシャツが3日で届いてびっくりしたり。

わけわからず。

マレーシアの通販って本当に便利で、そして物品も安いのね。だからちょっとしたものでも急がないものならLazadaとかShopeeから買うわけです。

例えばですね、ポップコーンを家で作るのに「とうもろこしのカーネル」が欲しいとしますよね。それもメチャ安くて500グラムで7リンギぐらい。210円ですよ。そしてこれの送料は4.3リンギで130円とか。

これを通販で買えるのは有り難いけれど、お店もいくら儲かるのか心配になってきます。そしてこれを届けるドライバーはいくらもらえるんでしょうかね。送料が全部ドライバーに入ったところで130円。

10万円の商品でも手間暇は同じで、こういう安いものが安く手に入るとなれば誰だって気軽に注文するわけで、そりゃ配達業者の忙しさってハンパじゃないのはわかるし、ドライバーは「数をこなそう」と絶対に考えるはず。でも納品の面倒臭さって半端じゃなくて、コンドミニアムならゲートのセキュリティーで止められて、中に入ってからバイクを止めて荷物を持って客のユニットまで持っていくんですから面倒なんてもんじゃない。

それで手に入るのは100円以下でしょうし、馬鹿らしくて真面目にやってられなくなるのも良く分かる。

日本みたいに送料が700円とか800円なら、ドライバーの手取りもそこそこだろうけれど、マレーシアじゃ送料が130円っていくら物価が安くてもこれじゃやっていけないのは当たり前。

手抜きやインチキするのも当たり前ってことになりますよねぇ。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ