日本に行って「手術」を受けるつもり

パンタイ病院に通っていることを何度か書きましたが、私の身体は「病気のデパート」ってことは無いにしろいろいろあります。

そこで細かい内容はブログに書いていない「病気」がありまして、パンタイ病院で検査をいろいろやった結果、担当医は「手術が必要」という結論を出しました。

ただ彼が説明する「病状」と「手術方法」に関して、私にはどうにも納得出来ないところがありまして、セカンドオピニオンを聞く必要があると思います。もし診断結果が同じだとしても、ネットで色々調べてみますと日本にはマレーシアではやらない手術方法が何種類かあるのがわかりました。私はやっぱり日本のほうが進んでいるように思えます。

これは前にも書いた、過去に受けた「前立腺肥大手術」の時も同じで、当時オーストラリアではHoLEPという手術方法は全く普及しておらず、大昔から行われている「TUR-P」が主流でした。だから日本に行ってHoLEPの手術を受けたわけです。でもま、それも今になれば「完璧ではなかった」のがマレーシアの検査でわかったわけで、追加の手術は必要ではないものの(排尿に問題がないから)、もしマレーシアで再手術をするとすれば昔からの「TUR-P」であるとのこと。

今回、問題になっている手術も似たようなもので、日本では新しい手術方法がいくつか広がっているものの、マレーシアでは古い手法が主流の様子。

ということで、日本に行こうと思います。

そして日本の医師も、結果的にマレーシアの担当医に言われた手術方法しか無いと言うのであるならば、その方法で「日本で手術」をしてもらおうと思います。

保険には入っておらず、住民票も無いので「全額自費負担」となりますが、このために住民票を入れて国民保険を使えるようにすることはできません。このへんの詳しい話は書きませんが、「日本の税法」に関係があると書けばわかる人にはわかるはず。

あ~~~あ、がっかりです。

私としてはチャチャっと切れば簡単に済むことだと思っていたのがそうじゃない。

でも意外に、もしかしたらその可能性もあるんじゃないかと思っています。

どうも今まで数回マレーシアで診断、治療を受けた感じでは、「やらないで良いことまでやっている」ような気がするのです。「万全を期す」と言えば聞こえが良いですが、本当にそこまでやる必要があるのかどうかが疑問。パンタイ病院の患者の殆どは「医療保険に加入」しているはずで「全額保険でおりる」とするなら、もしかしたら不要なことでもこの際、やってしまったほうが良いという考え方に向くんじゃないだろうか。

当然、医者にしてもパンタイ病院にしても、その方が売上が上がるんですから。

ま、そんなことを考えています。

早速、日本のある病院に連絡してみますが、いつ頃、予約が取れるのかは今の時点では不明。

前のやりとりでは、「検査と手術、フォロー」で一週間でどうにか出来ると返事をもらっています。

どうなりますか・・・。

ほんと、歳は取りたくないもんだ~~~~~~~~~~~~~。

ポンコツ中古車と同じで、あちこちに修理が必要になる。

新車に乗り換えたいぞ~~~。ポルシェがいいな。いやいや、歳だから丈夫なレンジローバーか。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

4 thoughts on “日本に行って「手術」を受けるつもり

  1. ダボさま
    セカンドオピニオンを、とのことですが、日本へ行かれる前に
    当地のGleneagles病院の専門医Dr. Kohを一度訪ねてみてください。
    主人が数年前に前立腺ガンの治療でお世話になり、それ以来
    絶対的信頼をもっていて、ヘルニアや他のことでもしょっちゅうKoh先生を訪ねています。 全然”金儲け主義”ではなく、手術も他の病院にある最先端の機器を使っての方法と執刀医を紹介してくださたり、患者の話を良く聴いてくださいます。
    後、先生の腕の良さには関係ないことですが、超イケメンで
    ベン・ケーシー(古いですね!)のアジア版のような風貌。
    少しシャイですが、とても謙虚な先生だ、といつも感心。
    是非、どうぞ! Dr.Kenneth Koh, Gleneagles Hospital de
    検索してみてください。

    それdから、Grabですが、現在のDriverの10%しか12日時点で
    必要な手続きをしていないということです。 やがて、その数も徐々に戻るそうですが、それでも今までのドライバーの
    50%にしかならないよう。。。 制服のことや、講習受ける、登録料もRM200。。  これ全て政治的な背景があって、新マレーシア発足後も、利権が絡んでいると、国民が
    ブーイングする政策も執行して今うのですね、残念。

  2. Michelleさん、コメントを有難うございます。

    今回、日本に行くのは前立腺肥大でもなければ前立腺がんでもなく、全く別の件でさほど問題があるような病気ではないんです。

    行くつもりでいる病院は前にも世話になっていて、非常に良い印象を持っていますので、そこなら行ってみようと思ったわけです。

    ご心配いただきまして有難うございます。

    グレンイーグルズにはKoh先生という良い先生がいることはきっちり覚えておこうと思うし、泌尿器絡みで問題があれば是非、訪ねてみようと思います。

    Grabですが、なんだかややこしいことになっているみたいですね。

    でもきっとタクシー業界という既得利権を持っている人たちの巻き返し運動も活発化しているんだろうと想像しています。

    でもそうだとすると、Grab以外に何社か似たようなサービスがあるわけで、そちらの方からはややこしい話が耳に入らないってのはどういうことかと思ったり。

    日本みたいに禁止している国もあれば、どこか忘れましたがタクシーより料金を高くするのが認可条件だったりいろいろありますが、私は素人が運転するGrabのようなサービスは実は良いとは思っていないんですよ。万が一の時にどうなるのかもよくわからないし、Grabに乗っていてもサービス精神なんか皆無で、日本の昔の「むっつしていつも機嫌が悪いタクシーの運ちゃん」みたいなのもいるし。

    マレーシアは別として、タクシー業界はそれなりにサービス向上、安全・安心の提供で頑張ってきた歴史がありますから、GrabやUberは安くて良いねとそれだけで推す気にはならないのです。

    そういう意味で、マレーシアであの手のサービスの規制ハードルを上げて、よりよいサービスになるとしたら今回の変更は、私は大歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください