選挙が終わりましたね~~

終わりましたね~。皆さんが心に思う人は当選したでしょうか。

私は大阪に気になる人がいたのですが、小選挙区では負けて比例で当選。今まで下野していましたから復活してくれて嬉しい。その人が議員だった頃は全く注目していなかったんですが、下野してからその人を知って、彼の活動はずーっと見ていまして、こういう人ばかりなら日本も安泰だろうなんて思っていました。

私は安倍さん支持ですから、まぁ、今回の結果はOK。

でも保守層がかなり後退した感じを受けています。次世代が完敗で次世代の票を野党が分けたような感じ。自民は議席を減らし公明が伸び、民主も伸びて共産党が大躍進ということはやっぱり保守思想を受け入れない国になりつつあるんでしょう。

私は自民党が保守政党だとは全く思っていなくて、日本の真ん中は左寄りで、その中心線は自民党の中を走っている(笑)。つまり自民党の多くの議員も私には左寄りに見えるということ。

ということは私は極右か? (笑)

ま、私の場合は、政治家には、近視眼的ではなくて、また経済のことばかりではなくてもっと遠くの未来を見ていて欲しいと願っていますし、現在は長い歴史の中の今という捉え方をしていますから、何が大事かという点で一般的じゃないんでしょう。俺の将来はどうしてくれるんだ?なんて全く考えていませんし、ただの理想論者、夢想家と同じですね。

また世界の中の日本、あの戦争の捉え方もこだわりがありすぎるのかもしれません。安倍さんが心の中に隠しているもの(でもたまに出す)と次世代の党が主張していることと私の基本的な考え方は非常に似ているのですが、今回の選挙はそういう考え方にノーを突きつけられたようで、内心は打ちひしがれています。(笑)

過去のことは過去のこととして前に向かって歩いて行けば良いのですが、私はやっぱり過去の精算が行われていないと思うんです。だからはっきりした将来のビジョンが持てない。そしてマッカーサーが日本に来て、日本に育っていた思想を根こそぎ引っこ抜いて、新たに撒いた外来種が今しっかり根を張って大きな木になっている。そして多くの国民は、日本が極悪非道の侵略国家だと信じている。

いや、そうじゃないとしてももうそれに慣れきっているのか、それは過去のことと割り切っているのか、その辺が私にはわからないんですが、日本が独立した国に戻ろうという気がないのは確かな様子。まだ戦後が終わっていないように感じます。

そもそも昔に戻るという言葉を使うと、それは軍国主義だの右翼思想だの決めつけるアホがいる。私に言わせればアメリカも韓国も中国も世界の多くの国々こそが軍国主義の右翼国家に見えるわけで、日本人みたいに自国を蔑み、自国の安全保障も考えない、海外に何か言われるとビクビクして迎合するほうが異常だと思うくらい。しっかり負け犬根性が染み付いているように私には見えます。

でもそれだけ日本人って温和なのかもね。したたかさがないのが美徳、民度の高さだいう価値観がある。

それでいて外国とか外国語には憧れなんだか劣等感なんだかしらないけれど、どうも弱い。だからグローバルなんて言葉が大好きで、醜いアヒルの子が白鳥に変身できるような気がするんでしょう。でもグローバルというのは元にナショナルがあるわけで、そのしっかりしたナショナルを持たないグローバルって、結局、無国籍で特徴がなく、自分の足がどこに着いているのかもわからない、ただの難民と同じだってこともわからずにグローバルグローバルとお題目を唱えるのね。これほど浅はかなことってないんじゃないかと思うくらい。

でもそれがまた日本の国民性なのは海外在住の日系人を見るとすぐにわかる。アメリカはロサンゼルスのリトルトーキョーは韓国人に取られたらしいし、ニューヨークには何人街というのがいくらでもあるのに日本人街はないし、自分の子供たちに日本文化や日本語を教えない家庭が多いし、日本を捨てるのが好きな民族。不思議だわ。

でも私の子供たちはきっと彼らと同じになる。まだ孫はいないけれど、孫とは英語で話さなくてはならなくなる可能性大。だったら海外になんか出なかったほうが良いのかとなるけれど、それを想像するともっとゾッとする。(笑)

私としては日本男児として海外に散らばって欲しいという願いがあるんだけれど、それも儚い夢なんでしょうね。

これからの日本、一体どうなるんだろう。100年後を見てみたい。まだ存在しているのかな?

 

 
    

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ