「米粉」で作る「鶏の唐揚げ」も良いなぁ

マレーシアの鶏って我々はオーストラリアに比べるとかなり美味しいと思うし(日本のプロは駄目だと言う人が多い)、鶏を食べることが非常に多いです。また唐揚げも皆が好きでよく作ります。

でもやっぱり飽きるわけで、韓国風にしたり、ジャラン・アロー風にしたり、名古屋風にしたり。

今回は「米粉」で揚げるとサクっと揚がるというのでやってみました。

醤油は使わずに、「塩、コショウ、ガーリックパウダー、味の素」でちょっと強めの下味をつけます。それを30分ぐらい寝かしてから、米粉をまぶして揚げるだけ。

サクっと揚げたいので、いつもなら3分+アルファぐらいなんですが、高めの温度で5分+アルファの二度揚げ。もし今回みたいに手羽中じゃなくて手羽元やドラムスティックだったら揚げる時間をもっと長くしないと「骨の周りが赤いまま」になる。

油が片栗粉や小麦粉みたいに汚れないもの良い感じ。また今までサクっと揚げたい時には「コーンスターチ」を使っていましたが、やっぱり日本人だからですかねぇ、米粉のほうが美味しいと思う。

ソースは簡単で、ケチャップ+タバスコ。そしてレモン。

これ良いわ~~。美味しい~~。KFCとはまるで違うけれど、洋風の感じ。今までの唐揚げとはまるで違う。

レパートリーが増えた~~~。\(^o^)/

ところで今回の手羽ですが、「手羽中」だけ。これってB.I.G.で「たまに」売っていて、手羽中好きの私には大歓迎。ところがいつもあるわけじゃなくて、あっても量が少なかったり、なかなかうまく行きません。

普通の手羽でも良いのですが、なぜかマレーシアの手羽って手羽元が痩せていて、余計な「胸肉」がちょっと付いているのね。胸肉大嫌いな私としてはこれがどうしても面白くないわけで、本当に困る。

なんであんな切り方をするんだろう。マレーシアはオーストラリアと正反対で「胸肉のニーズが少ない」んでしょう。そして手羽が痩せているから重量稼ぎに胸肉をちょっとつけているんじゃないかと思うのだけど、余計なことをしないでくれよな~~。この手羽に胸肉が付いているのはB.I.G.でもビレッジグローサーでも同じ。これってマレーシアンスタンダードなんだろうか。

でも手羽中だけの唐揚げって最高~~。美味しい~~~~。(笑)

カロリーが高過ぎるのはわかっているんですが・・・。^^;

今回、米粉で揚げようと思ったのはこの人のユーチューブ動画を見たから。私はこの人が大好きで、数多いユーチューブの中の動画レシピですが、彼から学び真似した料理は数知れず。

ただし、彼の揚げ時間は10-12分だけれど、それじゃ骨付きの手羽元があるにしても日本人としては揚げすぎですよね。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ