ローカルの「スーパー」って安いのね。知らなかった~~~~

ちょっと野暮用があってバンサに行ってきました。

用事が済んでからふと通りの反対側を見たら、そこにスーパーがあるのを発見。

今まで名前は知っていたけれど行ったことがなかったバンサビレッジがある一角です。

中に入ってみると狭いところに商品がごちゃごちゃ並んでいるんですが、客層がビレッジグローサーやB.I.G.とはまるで違う、AEONとも違う。どちらかというとNSKに近くて、インド人が多くマレーシア人らしい普通のオバちゃんも多い。いかにもローカルのスーパーという感じ。

買い物はいつも私の役目ですから価格も頭に入っているものの、それらは多くは肉類なので、まずは肉売り場に直行。

やす~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!

ちょっと良さげなオージービーフのサーロインがあったのですが、キロ単価が約70リンギ。こんな価格のサーロインを見たのは初めて。

ちょっと形が不思議なサーロインもキロ単価が80リンギ。これのブロック肉があったらローストビーフにしてみたい。

ま、見た目だけではなんとも言えませんが、私はまず見た目が悪い肉は絶対に買わないし、AEONでも(最近の)ビレッジグローサーではこれより見た目が貧相なオージービーフがもーっと高い価格で売られている。AEONはキロ単価を100リンギ以下に抑えようと苦労している様子が見えますが、そのかわり、肉質が以前に比べてかなり落ちてきたのがわかります。それはビレッジグローサーも同じで、前より落ちた感じはしますが、キロ単価100リンギを超えるのが普通。B.I.G.なんて200リンギ以上が当たり前ですもんね。

キロ単価70リンギでこれなら良さそうに思えます。

そしてもっと安い肉もありました。マレーシアに入っているのはわかっていましたが見たのは初めてです。ブラジルの牛肉。部位は多分ブリスケットかフランクだろうと思いましたが、キロ単価が18リンギ!!ただし、Defrostedと書いてありますから、冷凍で入ってきたものを解凍した肉。ということはDefrostedと書いていない上のオーストラリア牛は冷凍物じゃないってことですね。

このオーストラリア牛とブラジル牛を買っていこうと思いましたが、冷凍庫の空きを考えますとまたヨメさんに怒られるのがわかっていましたから、我慢。(笑)

しかし安いなぁ。こんなのアリか?

魚売り場は肉売り場のすぐ横にありましたが、魚に関しては・・・なんとも言えず。

店を出てから店の写真を撮っていたところ、駐車場の係員のインド人青年が話しかけてきました。旅行者か?と。

いや、モントキアラに住んでいるんだけれど、この店に来たのは初めてで、安いのにびっくりしたと話をしたら、そうだろうそうだろうとニコニコしていました。

俺の写真も撮ってくれというのでカメラ(スマホ)を向けたら恥ずかしがっていた好青年。(笑)

外から店を見ていて気がついたことがあります。

この店はデリバリもやっている!!

家に帰ってからネットで調べようと思ったのですが、先程ネットで調べても良くわからず。おかしいなぁ・・。

でも基本的に生鮮食品をネットで買うのってかなり不安で、やっぱり見ないと買えないですもんね。でも一般商品ならネットでも構わないわけで、価格や商品種を調べようと思ったのですがそれもならず。

そのうち、ゆっくりこの店に行っていろいろ調べてみようと思っています。

もしかしたら、「お店で買った商品をお宅まで届けます」ってやつかもね。うーむ、その手のデリバリみたいだなぁ・・。

---------(後記)-----------

この「TMC」は「Giant」や「Jaya Grocer」と同じグループだそうです。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ