また凄い「アクションカメラ」が発売された~。DJI Osmo Pocket

アクションカメラの世界が凄いことになってますね。最近のは内臓の「手ブレ軽減機能」がかなり強力になって、機械式のジンバルはいらないんじゃないか?というところまで来ている(でも無理)。

そして360度映せるカメラも続々と凄いのが出てきた。

ちっこいのに映りは十分だし。

今回、また新機種が発売されました。DJI Osmo Pocket。これは360度カメラではなくてDJIというドローンの最大手が出した「超小型カメラ+ジンバル(3軸)」。もちろん動画は4K60p(100Mbps)。写真は12MでRAW対応。

アクションカメラで一番問題になるのが「手ブレ」。機械式のジンバルが一番良いのですが、今まではやっぱりそれなりの大きさになっていたんですね。だからどうしても嵩張ってしまう。

私が持っているのは初期の古い「DJI OSMO」ですが、今まではこの大きさになるのは当たり前でした。

新しく出たDJI Osmo Pocketはパッと見の大きさでは4分の1、重さは約半分。小型のモニター付き(スマホは無くてもOK)でそしてカメラ性能は上がっている。価格は半分以下。

これ良いと思うなぁ。

市場ではGoProがまだ幅を利かせていますが、新しいHero7でもジンバル(Karma Grip)を付けるとそこそこの大きさになってしまう。当然、セットにした場合の価格は結構な金額になる。

ところが今回発売されたDJI Osmo PocketはGoPro Hero7の本体価格とほぼ同じ。そして小型で取り回しの良さはかなり良いはず。

GoPro+Karmaとの性能差があるのは当たり前ですが、価格的にもDJI Osmo Pocketはかなり売れるはず。

私は買わずに我慢しますが(じぐしょ~~~)、これからアクションカメラを買おうか考えている方は、候補にしても良いんじゃないですかね。(ただ音声がちょっと貧弱)

前にも書きましたが、360度カメラだったら「Insta 360 One X」がチョーお薦め。

私としては360度動画にのめり込んでいますが、そうじゃなかったら今回の新製品「DJI Osmo Pocket」これは「買い」だと思う。

 
 
 

No tags for this post.