気絶するほどの額の損(儲け損ね)をしてしまった・・・(T_T)

次男坊から連絡がありました。

次男 「ねぇ、クソ最悪のニュース聞く?」

ダボ 「え?なに?どうしたって?」

次男 「気分が地獄になるやつ。吐くよ」

ダボ 「なんだよ、何が起きたんだ?」

次男 「サンレモの家(ゴールドコーストの家)がいくらで売れたと思う?」

ダボ 「え?家が?売れたも何も、俺達が売ったのは一昨年だぜ。もう新しいオーナーは転売したってことか?」

次男 「XXXXXXXドルだってさ」

ダボ 「バーカ、そんな値段がつくわけがないだろうよ」

次男 「売ったのは2017年だ」

ダボ 「え?去年か?本当に売ったのか?」

次男 「Googleで見てみ。泣きそうになる」

ダボ 「なんでグーグルでわかるんだよ。どこを見ろって?」

次男 「住所で検索してみ」

ということで検索してみたところ、なんと(かつての)我が家のデータが(グーグルの)写真付きでいろいろ出てきました。そして「時価XXXXXXXドル」と出ている。

ダボ 「こういう時価ってのはいい加減なんだよ。ましてや家も綺麗でピカピカの家じゃないんだし」

次男 「その時価じゃなくて、ずーっと下の方を見てみ。いついくらで売買されたかの履歴も見れるから」

そのページの下の方を見たところ、売買履歴が出ていました。私が買った日付と金額。2016年に売った日付と金額。そして2017年に売れた金額が・・・・・。本当にとんでもない額で売れている。(こういう履歴のデータベースはプロがアクセスするものとして存在するのは知っていましたが、グーグルでわかるようになっているのは知りませんでした)

ダボ 「新しいオーナーは買って一年でこの金額で転売したってことか?」

次男 「そういうことですね」

ダボ 「・・・・・・・・・・・・・・」

絶句と言うか、身体が固まって体中の血、水分、エネルギー全てが抜けて出ていってしまうような感覚。

その2017年に売れた金額は、2016年に私が売った金額のほぼ2倍。(T_T)

悔しいったらありゃしません。

でもやっぱり私が考える不動産ってのはそんなもんなんですよ。買いたい気持ちが強い時には高いものを掴まされる。売りたい気持ちが強い時には安値で叩かれる。これが不動産の世界だと思うんですよ。素人がどうあがいてもどうにもならない。ましてや我が家の場合、比較対象になるような家が近隣にありませんでしたから(我が家だけボロ家という意味)、となりの綺麗に改築された家がとんでもない高値で売れたのは知っていてもそれを参考には出来ないんですね。敷地は1200平米で建物は3層のかなり大きな家なんですが、我が家はそうやってプロが綺麗に化粧をして高値で売るための「素材」としての価値しか無いというのが私の考え方でした。

でも2倍近い金額で転売ってのは凄すぎる。酷すぎると言うべきか。

あのオンボロ家がどれだけ良い家に化けたのか。

この辺を調べてみたのですが、大きな改装はしていないのがわかりました。それでほぼ2倍の価格で売り抜けるなんて・・・・一体どうなっているのか全く想像もつかず。

ここなんですよね、プロが凄いのは。どういう家にどの程度手を加えたら、どのくらいの価格で売れるのかが彼らにはわかる。ましてや我が家を買ったのは地元の不動産屋で、売りに出した時に「私が買いたい!」と名乗りを上げた不動産屋。お金儲けのネタになると見抜いたんでしょう。で、彼らは自分の家をすぐに売り、私達の家に移り住んだ。この「住む」ってのが大きなポイントなんですね。「一年以上居住を続けた自宅を売った場合、【キャピタルゲインは非課税】となる」のがオーストラリアの税制。

つまり、住みながらコツコツ手をかけつつ市場の動きを見ているわけです。そして頃合いを測って転売する。きっと中国人に売ったんでしょう(中国人は物件を見ないで買うようなのも多い)。そして利益には課税されません。

今、私達はマレーシアに拠点を移し、息子と一緒に頑張って儲けようとしているわけですが、二人で頑張って是非このぐらいの額は稼ごうというのと同じ額を、我が家を買った不動産屋は1年後に転売して手に入れた。それも税金の高いオーストラリで無税で。

なんだかため息しかでてきません。

でもしょうがない。これがプロと素人の違いだし、不動産のことなんかさっぱりわからないのだからプロのように儲けることなんか不可能。

唯一つの慰めは、あの家を買ったときの値段よりかは若干だけ高く売れたということ。だから実質的な損は出ていない。

オーストラリアは日本と違って、不動産の価格もどんどん上がって、一時は我が家もびっくりするほどの値段が付き、「XXXXXXXドルならすぐに買いたい」なんて話もいくつかあった時代もありました(オーストラリアって突然、他人の家に来て売ってくれなんて言うことが普通にある)。その当時に自宅を売った友人がいて、「ダボさんも売ってしまえばよいのに」と何度も何度も言われたのを思い出します。でもまだ学生だった子どもたちのことを考えたり、家を売ったら住むところがないわけで、では新しく買えばその家も高いわけですから、慌てて売る必要はないと思っていたんですよ。

でも子どもたちの将来も見えてきて、大きな家もいらないし、マレーシアに拠点を移そうなんて考え出して、さて家を売ろうと思った時にリーマンショックに襲われたわけです。

あっという間に不動産価格は半額近くに落ちて、豪ドルも日本円に対してこれまた半額くらいまで暴落。つまり円建てで考えると、我が家は30%以下の価値に暴落したわけです。あの時には本当に全身の力が抜けて、歳をとったら日本に帰るという計画も水の泡となったと思ったし、俺はもう終わりだと本当に思ったもんです。

その状態で景気が好転するのを待ち続けました。気がついたら8年も経ってしまった。

その間もこのブログを書いていましたが、グズグズしている私に対して「さっさと見切りをつけてマレーシアに行け。機会損失を考えろ。バカじゃないのか?」という人も何人か出てきたのを覚えています。

それはそれでその通りだとも思ったのですが、何も知らない、仕事もない、知り合いもいないオーストラリアに家族4人で移住して、どうにかこうにか作り上げた資産を叩き売るなんてことは簡単ではないんですね。叩き売ることによってとんでもない額の損失が【確定】しますから。早くマレーシアに渡ったところで、その損失の穴埋めをするだけでも不可能かもしれないと思っていました。だから時期が来るのを待ち続けていました。いわゆる「塩漬け」です。

8年が経ち、そして中国が力をつけてオーストラリアに進出してきましたから不動産事情も随分変わってきました。また豪ドルも息を吹き返した。

だから8年待ったのは結果的には良かったと思っていて、もっと早く叩き売っていたら(新たに稼ぐ)機会はあったのだろうけれど、早めに叩き売って被る損失を取り戻せるまでに稼げたかどうかは疑問。いや、無理でしょう。

結果オーライ。そう考えるしかありません。

でもやっぱり悔しい~~~~~~~。

去年、新オーナーが売った額で私も売れる才能があったら、全く違う人生になっていたんですから。マレーシアで稼ごうなんて考えなくても良かったかもしれない。もちろん長男にトレードを教えるなんてことも考えなかったかもしれない。

でもこれも天が与えた試練だと思うことにします。もし私があの家を売ることによって大金を得ていたら、マレーシアに来たとしても遊び呆けて一族の将来を考えない私であった可能性は大きい。そして濡れ手に粟で大金を得ても私を含めた家族にとって良いことはなにもないかもしれません。

息子と二人三脚でこれからも頑張っていかないとなりませんし、それで次男坊も含めたダボ一族の将来が変わっていきますから、「真剣にしっかりやれ!」という天からの叱咤激励だと思うことにします。正直なところ、私も長男もデレデレしながらやっていますから、今回のことをキッカケに、本当に性根を据えて頑張ろうと思います。そして長男も絶対にいっぱしのトレーダーに育てないと。

じぐそ~~、負けてたまるか~~~~。倍返しだ~~~~~。(T_T)

 
 
 

No tags for this post.