【通販で食材を買う】のに疲れた。ハズレが多すぎる。

マレーシアの新型コロナ対策の行動制限のせいで、外食産業は大打撃。そしてそれは卸商や輸入商も同じで、多くの卸商、輸入商が「直売、デリバリ」を始めた。

これは良い傾向だと私は思っていて、あちこちから色々なものを買っているのですが・・・・。

ハズレが多すぎる。(T_T)

難しいですね~~~。

実際の店舗で「現物を見て買う」ことをしても宝くじを買うのに似ているのに、現物も見ずに、どんな会社なのかもわからずに「通販で買う」のはギャンブル以外の何物でもないと痛感しています。

勝率が低すぎる。

よっぽど酷いものは「捨ててしまう」なんてこともありますが、それって損得の問題ではなくて精神的にもかなりストレスがたまります。かと言って、無理やり食べると身体的にも精神的にも具合が悪くなりそ。

買うのは私ですから、「ババを引いた時」にヨメさんは「私は食べない」と簡単に言うけれど、私としては責任を取らないとならないので余計落ち込みます。

だからといって、ここで通販トライアルを止めてしまうと将来もないわけで困ってしまう。

ただここのところ、「敗戦処理」ばかりやっているようで、わけのわからない会社からは買うのはちょっとお休みしようと思っています。

でもほとんど外食がない今の我が家では、どうにか食材を買わないとならないし、しかしいつものスーパーの食材にはいささか飽きが来ているし、「しばらくの間はコスパは無視して良いものを中心に選ぼう」と思っています。

そして敗戦処理ばかりで落ち込んでいますので、「日本の食材」を輸入卸業者からケチらずに買うのを増やそうかと。

最近、食欲がなくなっているのは「ジュースクレンズ」を5日間やったことで、自分の食欲と向き合うことができるようになったからのような気がしているものの、「冷蔵庫を開けて、在庫を見たときの挫折感」もかなり影響しているのかもしれない。

冷蔵庫の食材を見た時に、「楽しみだ~~~」じゃなくて、「あああ・・、早く食べちゃわないと。でも食べたくないなぁ・・・」みたいな。

一体どの店からどんな食材を買ってがっかりしているのかを事細かく書こうかと思ったのですが、どう感じるかは人それぞれで、読者にとって有益な情報のつもりが、反感を招く結果になることもありそうなので躊躇しています。

ハァ・・・・・・・

 
 
 

No tags for this post.