【ノロウィルス】が日本では猛威を奮っているらしい。例年の10倍ですと。【消毒方法】そのものを再考する必要があるかも。

ウィルスと言えば「新型コロナウィルス」を想像する様になりがちですが、日本では【ノロウィルス】が猛威を奮っているとのこと。

過去5年間の平均の【10倍】ですと!!

ノロウィルスも非常に危険で、症状はかなり強烈で年寄や幼児は命を落とすこともあるわけで、例年より10倍って一体どうしちゃったんですかね。

新型コロナウィルスの広がりで、「衛生面には気をつける」ようになったし、なんと言う作用か忘れましたが「感染の椅子取りゲーム」みたいなことが起きて【インフルエンザ】は極端に少なくなった。

これってある意味良い面もあって、年間3500人~13000人も死亡すると言われている(計算方法により違いが出る)インフルエンザの影響はほぼゼロと言っても良いようになった。

でもウィルスはウィルスでも「ノロウィルス」はコロナやインフルエンザとは全くの別物。

私がこのニュースを見て、え?と思ったのは、「ノロウィルスは【アルコール消毒は効果が弱い】」という点。マジっすか?私はこのことを全く知りませんでした。アルコール消毒で大丈夫だと思っていて、コロナが出てきてからは台所や調理器具の消毒もアルコールに切り替えていたんですよ。

ま、アルコール消毒が全く駄目ということでもないようですが、「コロナウイルスはエンベロープという、ウイルスの外側に膜のようなものがある。その膜がアルコールに弱いので、アルコール消毒が効きやすい。ノロウイルスはその外側の膜がないので、アルコール消毒が効きにくい」とのこと。

ではノロウィルスの消毒のために何を使うかというと、「次亜塩素酸ナトリウム」が良く、私達が普通に使っている【漂白剤】でオッケイ。これは【コロナウィルスにも効く】。

ただし、漂白剤を薄めた消毒液の効果は長く持続しないのね。

我が家の現在は台所でもアルコール消毒をするようになっている(過去には漂白剤を薄めた消毒液を使っていた)のですが、これはうまくないかもしれない。マレーシアは食中毒が多いし、高温多湿で雑菌が繁殖するには最適な環境ですので、マレーシアに来てからはかなり消毒には気を使っているのですが、ノロウィルスにアルコールの効きが弱いのは知りませんでした。

日本でノロウィルスが猛威を奮っているのは、「多くの人たちが消毒をアルコールに切り替えたから」なんてことも原因の一つなんてことは無いんだろうか。

台所、調理器具は「自家製の漂白剤を薄めた消毒液」に切り替えた方が良さそう。う~~む、手洗いはどうする?家の中での消毒は「全て【次亜塩素酸水や自家製の漂白剤を薄めた消毒液】に切り替える」という手もあるのかもしれない。とにかく「アルコール消毒最強説」は再考する必要がありそう。

また外出時には「アルコール消毒」ができるようにどこでもアルコールが置いてありますが、お手洗いなどに行った時などには、【石鹸で洗うのも併用する】なんてことが必要なのかもね。そこまでするか~?と思いますが。

これを機会に、「消毒」に関して今一度確認を取ろうと思って調べました。

この厚生労働省のPDFが良さそう。様々な消毒方法の比較も出ています。

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について

問題は「アルコール、次亜塩素酸水」などを使えない場所の消毒ですよね。

「様々な物品」「洋服」「靴」「バッグ」「髪の毛」などに液体を吹き付けて消毒ってうまくない。だから我が家では「熱風」を使っています。「ヒートガン」というヘアードライヤーみたいなやつ(ヘアードライヤーでも大丈夫なはず)。コロナウィルスも高熱にさらすとかなり弱体化するらしい。興味がある方はこのページを見てください。

Dabo's life in KL, Malaysia

今まで以上に消毒に気をつけないとならないと思っているんですが、アルコール消毒が難しい場所、ケースってありますよね。 これ…

また、では「次亜塩素酸水」や「自家製の漂白剤を薄めた消毒液」を【噴霧したらどうか】という考え方も出てきますが、これに関して、厚生労働省の上のPDFにはこの様に書かれています。

【参考情報3 「次亜塩素酸水」の空間噴霧について】「次亜塩素酸水」の空間噴霧で、付着ウイルスや空気中の浮遊ウイルスを除去できるかは、メーカー等が工夫を凝らして試験をしていますが、国際的に評価方法は確立されていません。安全面については、メーカーにおいて一定の動物実験などが行われているようです。ただ、消毒効果を有する濃度の次亜塩素酸水を吸いこむことは、推奨できません。空間噴霧は無人の時間帯に行うなど、人が吸入しないような注意が必要です。なお、ウイルスを無毒化することを効能・効果として明示とする場合、医薬品・医薬部外品の承認が必要です。現時点で、「空間噴霧用の消毒薬」として承認が得られた次亜塩素酸水はありません。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ