「韓国ホワイト国除外」賛成98%ですと。私も賛成。でも気になることが・・

9日、テレビ東京の報道によると最初の第1週目に寄せられた6300件の意見のうち賛成が98%となる6200件余りだった。反対は60件。テレビ東京は「政策と関連して意見を聞く『パブリックコメント』に意見がこのように殺到したのは極めて珍しい」と伝えた。

中央日報

やっぱりねぇ。

韓国は言いたいことを言い、やりたいことをやり、決めたことを変更する「動くゴールポスト」が当たり前、ないこともあると言い、あることも無いと言い、事実を教えているだけだと反日教育を徹底し、日帝残滓を綺麗にすることを政府は進め、アメリカの仲裁もあった「慰安婦問題の解決」もぶち壊し、救済団体も勝手に解散し、攻撃用のレイダー照射はするわ、天皇侮辱発言はするわ、日章旗を馬鹿にするわ、彼らが日本に対して1000年の恨みがあるのはまさにそのとおりだと思うようなことばかり。

韓国がとんでもないのは「遡及法」がまかり通ること。今の法律で過去の行いを裁くなんて考えられない。それどころか現行法でも法律に触れないとなると、その現行法を改正して「気に食わない連中を罪人とする」(つい最近、それで韓国の老舗一流ホテルのグランドヒルトンホテル会長が逆転有罪となった。彼を有罪とするために法改正までした。併合時代に日本から【彼の先祖が】爵位を受けたという罪状)。その根底にあるものは「間違った過去は遡って正す。当時の法律も国際的な常識も無視してよい」と言う考え方。これが近代国家と言えるんですかねぇ。

謝れと言われれば歴代の日本の総理は何度も謝ってきたのに、韓国は「謝っていない」と言い続ける。謝り方が気に入らないんでしょう。きっと日本人全員が韓国に向かって土下座をしないと満足しないんじゃないですかね。でも一人でも異論をはさめば、「謝っていない」とまた騒ぐんでしょう。巷でよく言われる「一度日本がコテンパンにやられるのを見たい」ってのが本音で、大震災でもザマァ見ろだし、原発事故で日本がおかしくなれば万々歳でしょう。スポーツを見ても、よっぽど日本が嫌いなんだというのは誰が見てもすぐに分かる。

こんな韓国に対して堪忍袋の緒が切れると思った日本国民ってごっそりいるんじゃないですかね。

そんな時に「徴用工の訴訟問題」が浮上。これもおかしな話で、1965年日韓基本条約で国際間では話がついているのに、当時の政権は正当性がないからその時の条約は無効であるなんてとんでもないことも言い出す(この論理は日本人が考えた。東大の教授や大江健三郎達)。そしてそもそも彼らは徴用工ではなくて応募工。一体どうなっちゃってるんだって思いますよねぇ。

これに対して日本政府は何をするのかと思ったら、突然の「経済制裁」を発表。

でもよくよく聞いてみるとこれは経済制裁ではなくて、韓国に対する優遇措置をやめるということで、決して禁輸措置ではない。日本政府が「ホワイト国」と認定した場合、簡単に取引ができるのを、「取引ごとの個別に申請を出し、認可を得る」という基本に戻しただけ、だと。実際には2003年まではそれが普通で、日本がホワイト国と認めていたのは「アジアでは韓国だけ」で、EUでは韓国をホワイト国とはしていない、と。

その優遇措置をもとに戻したということだけれど、安全保障の問題があると言いつつその内容は詳しく公表されていないし、誰がどう見たって「報復措置」にしか見えませんよねぇ。

でも段々と情報が出てきた。

過去にも韓国が不明な取引をしていたということで、「禁輸措置(?)」を短期間取ったこともあるのだけれど、その時も日本からの要請を無視して韓国からはなんの説明もなかったと。そして韓国が北朝鮮と背取りをしているんじゃないかという疑惑は言われていて、各国が「背取り監視」をしているのに、韓国はそれに参加もしていないと。

そして「韓国から戦略物資の不正輸出 4年で156件」という報告書も出てきた。なんとこれは「韓国政府の報告書」でそれがリークされて出てきたのだけれど、これに関しても韓国政府は隠していたのが判明。でもこの情報は過去に韓国の新聞社が報道していたらしく、新しい情報ではないと。

当然、日本も公表されていない情報、証拠は握っていて、「それを小出しにしてくるのではないか」と憶測が広がり、韓国はかなりビビっている様子。

今まで日本側が「応募工(徴用工)問題」に関して、条約に則って協議をしようと言ってきたのに、韓国はそれも無視。

でも今回の「韓国ホワイト国除外」に関しては「協議をしよう」と大騒ぎ。

それに対して、日本は「これは日本が決めることであって協議するべきことではない」と突っぱねた。

今まで韓国にはイライラしっぱなしだった日本国民にしてみると、その調子で締め上げろ~~って思うのも当たり前だと思いますわ。今までは韓国に何を言われてもヘラヘラとする対応しかしてこなかったんですから。

でも面白いのは「朝日新聞」。「経済制裁はやめろ」と。やっぱりねぇ。

でも私は思うんですよ。この日本のやり方って、「日本的だなぁ」と。

「経済制裁を考えなくてはならない」とはアナウンスしてきたけれど、このままだと具体的にどういうことになるかを韓国側に知らせていたんですかね。ま、それがあったにしても韓国が日本に対する態度、考え方を変えるとは思えないものの、「日本はヘラヘラしていたのに、突然、反撃に出た」印象が非常に強いんですわ。

これって日本のお家芸というか、国民性だと思うんですよ。

どんなときでもニコニコして本音を言わないけれど、それを見た外国人が「まだまだ押せそうだ」なんて好き放題やっていると、突然、日本人はキレるのね。

かつて、イギリスのチャーチルが「回顧録」に書いたと言われている次のことを思い出すんですよ。

日本人は無理な要求をしても怒らず、反論もしない。笑みを浮かべて要求を呑んでくれる。

(中略)

もう一度無理難題を要求すると、これも呑んでくれる。

(中略)

さらに無理を承知で要求してみると、今度は全くの別人の顔になって、「こんなに譲歩しているのに、ここにいたっては、刺し違えるしかない」という。

戦艦プリンスオブウェールズとレパルスを日本軍に撃沈され、シンガポールを失った。日本にこれほどの力があったのなら、もっと早く発言して欲しかった。

日本人は外交を知らない。

またある元自衛官が、昔韓国に行った時に老婆に聞いた話としてある討論会の席でこんなことを喋っていました。

昔、韓国では日本人を「八幡(パハン)」「海乱鬼(カイラギ)」と呼んでいたそうです。そして「日本人を騙さないほうが良い」と。その理由ですが、昔、日本人は手漕ぎ船で半島に商売をしに来ていた。そして日本人はお人好しなので騙すのは簡単で、良く騙したそうです。それが何度か続くうちに、ある日ある時、その日本人は裸になり、服と自分が乗ってきた船を焼き払い、ふんどし一丁で日本刀を振り回してそこらにいる人を全て斬り殺したとのこと。そして最後は切腹する。だから「日本人を騙せると思っても調子に乗るな」という教えがある。

今回の「韓国ホワイト国除外」もこれと似たようなことを感じるんですよ。

そして昔、「冬ソナのヨン様」がインタビューでこんなことを言っていた。

日本人には「本音と建前(裏と表)」がある。でもそれは人間関係を円滑にするための「日本人の思いやり」だと思う。でも韓国人は「思ったことは全て言う」のを大事にします。

ですと。

これって、言いたいことを言う韓国のほうが「国際標準」だと私は思うぐらいで、でも「言いたいことを言わない日本人」からすれば「よく言うよ」となる。でもトランプ氏も全く同じで、「自分の立場で話をしっかりする」のが普通で、それをはっきり言わない日本のほうがおかしいんじゃないかと。いや、日本人同士はそれで良いにしても、外国相手では「日本人の思い、考え」は伝わらない。

今まで韓国が日本に対して言ってきたこと、要求してきたことに関して、「日本は表立った争いを避けるために温和に対応してきた」ってのが、相手にしてみれば「俺達のことを理解している」と勘違いするんじゃないですかね。そして「自分たちは正しい」と益々確信を持つ。

韓国の言い分って、「常に自分は正しい」「相手にだけ改善を求める」と感じるのだけれど、ああいう言い方をするのは彼らの国民性であって、また日本人が「ずーずーしく、良くあんなことが言えるよなぁ」と思いつつニコニコするのも日本の国民性。

韓国と話をする時には、こちらも韓国流で行かないと駄目じゃないんですかね。でも日本は長年、それをしてこなかった。韓国は「日本を下に見ている」のは歴史から考えてもしょうがないとは思うのだけれど、日本の対応の悪さで韓国が増長したのも間違いがないんじゃないかと。

だから今回は、「いつもなら穏便に済ますところを【ガツン】とやった」のかもしれないけれど、このやり方って、上に書いた「ニコニコ笑っていたのが豹変した」ようにしか見えないんじゃないかと。また世界もそう見るんじゃないかなぁ。

理由はあるにしても、やり方が国際標準からはハズレているような気が私にはするんですよ。

根回し好きな日本人が、根回しをせずにあれだけ強硬なことを言えば、自尊心の塊みたいな韓国が「今まではすいませんでした」というわけもなく、あのレーダー照射事件と同じで、「俺は絶対に悪くない」「お前こそとんでもないことをした」と泥沼に入るだけじゃないんですかね。またそれが私は韓国流だと思っていて、「謝らなくて良いようにゴチャゴチャにしてウヤムヤにして終わらせる」のが彼らの基本戦略じゃないんだろうか。これも韓国人の国民性だろうと私は思うんです。

でも日本も馬鹿じゃなくて、そういう韓国なのはよーく知っているはずで、しっかり作戦をねった上での今回の「韓国ホワイト国除外」決定だろうとは思うんです。どこからどう責められても問題ない準備はもう出来ているだろうし、決定的な証拠は握っているんじゃないですかね。

でも私としては「突然の【韓国ホワイト国除外】の決定」というやり方は、得策じゃないような気がするわけです。韓国をギャフンと言わすには効果的だけれど、問題をもっとこじらせる方向にしかいかないと思う。隠していた「日本刀」を突如、抜いたようなものですから。

また大騒ぎしている韓国も、あの慌てぶりを見ると、「口ほどでもない」と思ってしまうんですよ。

日本がいなくても韓国は問題なくやっていけるなんて大口を叩いていた割には今回の狼狽ぶりは半端じゃないし、日本製品の不買運動をしようと盛り上がったものの、よーく見ているとわかるのは「不買運動を【支持します】」という意見は多いものの、自ら率先してやろうという風は吹いていない。

レクサスにキムチですかぁ?やることが中途半端じゃないんですかね。いつもは鬼の形相をして安倍総理の写真に火をつける割には、おとなしい。

私にしてみれば、レクサスをひっくり返して火をつけるぐらいのことはすると思っていたんですが。他人のレクサスにキムチをぶちまけるって何?

反日、不買運動を盛り上がらせ、徹底的な「ボイコットジャパン」を標榜するなら、韓国の放送局が使っている日本製映像・放送機器や病院の多くの日本製CTスキャン装置などの医療機器も是非とも廃棄処分しろと運動ぐらいしたらどんなもんか。またかつて日本が建てた建物を壊し、樹木を切り倒し、日本人が作った(学校の)校歌を替え、日本の匂いがするものを徹底的に消すのなら、韓国語の中にある「日本語由来の多くの言葉」も使わないようにするのがスジじゃない?

でももし反日、排日が進めば、日本は次の手も打つんじゃないですかね。

私は金融関係での制裁が始まったら、本当に韓国は終わるんじゃないかと思うんですよ。

日系の金融機関が韓国に融資している額ってとんでもない額なのね。もしこれに規制を掛けたらとんでもないことになるし、またそんなことはしないにしても「韓国に対する投資には不透明なリスクがある」と話が出ただけで大騒ぎになるでしょう。当然、外資は逃げ腰になるし貸出金利は上昇、ウォンの下落も半端じゃないんじゃないですかね。そもそも今の韓国には「背取り疑惑」があるわけで、もしそれが発覚したら、当然、韓国は制裁対象になる。これは国連で決めたことで日本はそれに従わないとならない。

また貿易にはL/Cという信用状が使われるわけですが、どうも韓国企業が使う多くのL/Cは日本の金融機関が保証しているみたいな話も聞きました。ここも韓国のアキレス腱となりうる。

今回の騒動ではっきり見えてきたことは、やっぱり「韓国は日本なくしては成り立たない」ってことだと思うんですよ。韓国人は悔して地団駄を踏むかもしれないけれど、日本を馬鹿にし、下に見て、言いたいことを言い、要求したいことを要求するのは得策ではないことぐらいには気がついて欲しいなぁ。

韓国には韓国の考え方、信念があるのだろうけれど、それは日本も同じで、「常に韓国の言い分が通用する」わけじゃないことぐらいはわかってほしいのだけれど、韓国ってそういう国じゃないみたいなのは「通貨スワップ」に関してもそうで、「日本は韓国と通貨スワップ協定を結ぶべきだ」と平気で言う。一時は「日本との通貨スワップなんてなくても問題ない」と豪語していたくせに、日本が頭を下げて通貨スワップ協定を結ばせてくださいと言え、というようなことを言う。

あの自尊心、我儘の凄さって私には異常にしか思えないんですよ。きっとあれはかつての「両班(ヤンバン)」の伝統的考え方じゃないかと思ったり。それでいて、両班による抑圧が異常で国の発展にも支障があった韓国は、逆に「民衆こそが大事」となって、ポピュリズムが基本になってしまったように見えます。法律より「民衆の思い」を優先する。これってプロパガンダが上手い連中が国を牛耳ることになるってことじゃないですかね。でもうまい具合に洗脳された国民はその指導者を崇めるし、そして他国に対しては「両班」のような上から目線の考え方、態度で挑む。

応募工(徴用工)訴訟に関しても、まだ前のクネさんはわかっていて、最高裁の判決によって「世界で恥をかかないように」動いていたのは間違いがなくて、それが逆に今では国内問題になっている。

しかし、チュチェ思想の信奉者で北朝鮮寄りが明白なムンジェインさんはやっぱりいかにも左翼らしい論理で動いていると私は感じます。私が思う左翼って「プロパガンダ」で世の中を動かそうとするのね。それが最大の武器だというのは共産主義者の伝統でもあるんじゃないですかね。

最高裁長官を自分で指名し、その長官が裁判官を任命し、ムンジェイン側の意向に沿うような形を作っておいてのあの判決。

そして「司法は独立している。その決定には何も言えない」「日本は韓国の司法の判断を尊重しろ」と普通の国みたいなことをシャーシャーと言う。

こんなインチキを「はい、さようでございますか」と聞くわけがないじゃないですかね。

話を広げてもしょうがないけれど、こういうのは日本の左翼もやること。朝日新聞もそうで、「マッチポンプ」みたいなことをやるのは常套手段。

自分たちに正義があって、でも自分たちには十分な力がないから、そういう手を使っても良いのだという考え方が根本にあるように感じます。まさに共産主義者の考え方で、正義のための暴力、革命は容認される。現行の常識、慣例、価値観なんてぶち壊しても構わないと考えているんじゃないですかね。

それよりも、自分の正義を成就することが大事で、それが人民のため、世界のためになると。そして「邪魔なやつは徹底的に排除(殺す)する」のが彼らの歴史。

共産主義者が怖いのはここだと私は思うわけです。そして国を愛する人たちをうまく操って革命へと導く。

どちらにしても今回の「韓国ホワイト国除外」は「禁輸措置ではない」わけだから、過去に「他国へ流した疑惑」があってそれは違うとするのなら、「他国へは流れていない」ことを第三者が見ても納得するような証明をすればいいだけどのことで、また今後の輸入に関してはちゃんと手続きを踏めばいいだけのことじゃないんですかね。

そもそも「日本からしか手に入らない」ものを十分に備蓄もしない(備蓄できない性質の物資らしいけれど)、他国からのルートの確保、自国での生産を全く考えてこなかったのが露呈したわけで、こういうところにも韓国の「性格」が見えると思うんですよ。「取れるものは取る」「利用できるものは利用する」、そしてそれは【アタリマエのことだ】と考える。「優遇措置」を受けるのも自分の権利であって、優遇措置を止めたら相手を糾弾する。

日本人の感覚だと、「優遇措置には助かっていました。今、それを外すのは考え直してもらえないだろうか。そうするには我々はどうすればよいのだろうか」という相談ならそれを排除する日本だとは私は思えない。

でもそんな態度を取れる韓国じゃないのは「歴史が証明している」わけで、私には「日本は賭けに出た」という印象があります。

「優遇措置を外しやがって、この野郎、覚えておけよ。俺は何も悪くねぇんだよ。お前がやることは過去も現在も気に入らないことばかりなんだよ」というのなら、日本は日本のやり方、次の措置も考えないとならなくなるのは当たり前じゃないんですかね。

でもそれで韓国が軟化するとは私には全く思えない。そもそも韓国の国の成り立ちに「反日」があるし、それは韓国憲法にも書いてあること。この辺を単なる「感情論」で片付けたり、「態度を変えるだろう」なんて思ったら駄目だと思うし、これで日本に対する復讐心は増大し、ムンジェイン側も「反日、排日は正しいと確信する」んじゃないかと。とりあえず、今回の「韓国ホワイト国除外」をどうするか、「物資の安定供給」をどうするかが先決問題で、その後は益々、日韓の溝は深まるような気がします。

国交断絶をすべきだという人もいるけれど、私はそれも良いと思うぐらい。

ええ~?と思うかもしれないけれど、日本と台湾とは国交がないわけで、それでも付き合っているじゃないですか。

そういう意味で、韓国とは距離を置くのは決して悪いことじゃないと思う。

福沢諭吉が書いたとされる「脱亜論」に私は一票入れたい。

皆さんはどう思います?

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

2 thoughts on “「韓国ホワイト国除外」賛成98%ですと。私も賛成。でも気になることが・・

  1. いつも楽しく拝見しております。

    日本国内に在日と呼ばれる大陸・半島の人が多数いており
    企業中枢に食い込んでしまっているのが、
    いまだにマスコミに散見される日本国としての意見がまとまらない原因ですよね。

    あそこまで半島の国から非難轟々とされると、イチ日本人としてさすがに頭にきますし、私は純血主義者ではないと思っていますが、便乗する在日のかたも日本から出て行けばいいんではないかとまで思ってしまったりします。
    私自身に在日の友達もいるにもかかわらずです・・・。
    嫌な気持ちになります。

    言われっぱなしに対して、国内ではヘイトスピーチはダメだの、
    ナンカナーと思う今日この頃です。

    半島の国とは今後もずっと、うまくやっていけないのでしょうか・・・。
    無理なんでしょうねw

  2. 通りすがりさん、コメントを有難うございます。

    在日に関しては、私もオーストラリアの永住権を持つ者として思うことがあります。特に「特別永住」に関してですが、好きで日本に住んでいるのなら、なぜ帰化しないのか。ここがわからないところです。

    また政治家に帰化した人たちがいて、当然のように隣国側についた発言をする。でもま、これももし自分がオーストラリアの市民となり、政治家になったとしたら、「在豪日本人の地位向上」とか「日本との関係を深く、良好にしよう」と思うし、「誤解があれば解くべき」ですし、日本側に立った発言をするんじゃないかと思うんですよ。

    私が何よりも問題だと思うのは、これまでの様々な問題の種を撒いてきたのは「日本人だ」という点。慰安婦問題も馬鹿な奴が嘘を書いて、それを朝日新聞が取り上げて大騒ぎ。それを韓国が見て「これは使える」と動き出した。

    日記に書いた「日韓基本条約を締結したときの韓国政権はクーデータで政権を取ったのであり、正当性はない。したがって条約も無効だ」や「日韓併合、日本による統治は非合法だ。だから条約は無効」「だから賠償責任がある」という論理を考えたのは日本人だということ。東大の和田春樹名誉教授や、ノーベル賞を取った大江健三郎などが中心となって活動したんですね。

    それを韓国が知って、こりゃ使えるとなった。

    獅子身中の虫がごっそり存在するところに、私は愕然とするんですよ。

    彼らを国外に追い出すわけにも行かず、言論を止める事もできず。

    そしてああいう人達は国連にまで行って、「日本の蛮行」を喧伝し、世界に広めようとする。

    彼らがそういうことをしなければ、慰安婦問題もなかったんじゃないですかね。当然、応募工問題も韓国内で当たり前に処理されていたんじゃなかろうかと。

    でも北を信奉し、チュチェ思想を信じる韓国人は多く、遅かれ早かれこういう事態にはなったのではないかと思っています。

    半島の人たちとうまくやっていくことが出来るのか、出来ないのかは「なが~~い歴史を見ればそこに答えはある」と私は思うんですよ。

    同じ反日でも中国は作戦。韓国は感情。この感情で動く人たちは、女性のヒステリーと同じでどうにも手がつけられないというのが私の考え方です。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください