ためになる英語 ワンポイントレッスン

英語がペラペラとネイティブの様にしゃべれたらいいなぁ、なんていうのが私の夢なんですが、そんなのはまさに夢のまた夢。是非今度生まれ変わる時には頑張りたいと思ってます。

で、下手は下手なりに英語が出来ないと困るわけですが、ちょっとした時に、アレレ、英語でなんて言うんだろうって思うことがありますよね。難しい言葉じゃないのに、なんて言ったらいいのかわからない。

そんな英語を覚えちゃおうという面白いHPを見付けました。

たとえば、「盗み聞き」をなんというか。こんな簡単な言葉だけれど知ってる人は少ないんじゃないでしょうか。でもまぁ、この言葉自体を知らなくても状況を説明すれば言わんとすることは通じる。でもですね、そういうことをやっているといつになっても語彙が増えないんですね。だから覚えられるなら覚えた方がいい。

まず簡単なテスト。盗み聞きをなんて言うか、次の3つの中から選んでみてください。

1 spy hearing スパイヒアリング
2 hide and listen  ハイドアンドリッスン
3 secret listening  シークレットリスニング

さぁ、このうちのどれを選びますか?どれでも通じそうですが、それも違うような感じがしますが、とりあえず選んでみてください。

どれを選んでも通じるかもしれませんが、通じるであろう可能性をそれぞれあげてみます。

1 spy hearing  70%
2 hide and listen 75%
3 secret listening 95%

どうでしょうか?へーと思いました?私は2番を選びました。

ここで、皆さんが一般的に何番を選ぶかという%もあります。

1 spy hearing 31.5%
2 hide and listen 45.4%
3 secret listenin 23.1%

一般的日本人としては私と同じ2番を選ぶ傾向がわかります。

では、ちゃんと伝えるにはどういうべきかという、この質問の本当の答えは

eavesdrop イーブズドロップ

「eaves」は「(家の)軒・ひさし」って意味で、「drop」は「落ちる」って意味。雨が降ってきた時、「(他人の家の軒下で)立ち聞きする」ってところから、「eavesdrop」で「盗み聞き」になったって言われてるそうです。

どうです?面白いと思いませんか?こうやって毎日一つずつ覚えようという作戦です。

その他どんな単語があるかというと、「鼻くそ」「見栄っ張り」「方言」「本命」「異端児」「借金取り」こんな単語があります。このうち、どれか一つでもわかるものがありますか?私が知っているのは二つだけです。

気になる人はこの勉強ができるホームページに飛んでみてください。ゲーム感覚で毎日一つずつこういう単語を覚えたら知らないうちにすごいボキャブラリーになること間違い無しだと思います。

ただ、このホームページでは会員登録が必要です。簡単ですし、もちろん無料ですから入ってみたら良いと思います。これは私がアフェリエイトで儲かったり、皆さんが何か売りつけられたりとかそういうのはありませんのでご安心を。

平均日本人英語  ←ここをクリック

それとネタ晴らしをしておきますが、このホームページを知ったのはある方のブログで紹介を見たからです。で、その方のブログがこれまた凄くて、役に立つおもしろグッズやこういうページの紹介が満載です。

モノジン
  ←クリック

で、これまたこのページを知ったのは、KLにある「やしのみ」という洋食居酒屋さんとでもいうのでしょうか。どなたかがこのお店を 「おつまみ頼んで飲みながら食べて最後に締めを頼んで、こういう店をジャパニーズ サラリーマンスタイル レストラン IZAKAYA」と英語で説明したらしいのですが、そのオーナーである大西さんのブログで紹介されたものです。

マーボー大西のマレーシア日記  ←クリック

これらのリンクを押しますと、それぞれのカテゴリーにある情報満載のブログに飛ぶことができます。良いブログがたくさんあります。是非チェックしてみてください。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ