フィッシュ&チップス

前にフィッシュ&チップスの話題が出たのでそれに関して。

こちらの魚屋はすなわちフィッシュ&チップス屋と言っても良いかもしれません。で、我が家から車で数分のところにあるモールの中に小さな小さな魚屋がありまして、そこでフィッシュ&チップスを良く食べます。週に一度は間違いなく行くかな。お昼ご飯ね。

ただ魚屋だと言っても買いたいような魚って売って無くて、まずここでは魚を買ったことがないと言ってもいいくらい。

こんな感じの店です。写真をクリックすると大きくなります。

ここのあんちゃんと結構仲が良くてたまにおしゃべりするのも楽しみの内なんですが、私がいつも食べるのはこれ。

これで14ドルです。1200円ぐらい。結構高いでしょ、たかがフィッシュ&チップスなのに。手前左にあるのはカラマリリング、イカリングですね。右はお馴染みのポテト。向こう側に見えるのが私が好きでいつも食べるBasaという魚。さてこの魚は一体何でしょうか。

これです。右奥に見えるやつ。

なんとこれはナマズの一種です。それもベトナムからの輸入物。検索して調べてみたところナマズといってもいろいろ種類がいるようで、いわゆる日本のオタマジャクシの親分みたいな感じじゃなくて普通の魚に見えます。ただヒゲが生えている。

これが淡泊で結構美味しいんですよ。そして一番安い。(笑) でも来た当時は3分の1の値段でした。

この写真の左に見えるのが前に話したフレーク(Flake フレイク)、つまり鮫です。左下にちょっと見えるのがカレイ。30センチぐらいの大きなカレイです。これはニュージランドからの輸入物。その他いろんな切り身があるんですが、それでフィッシュ&チップスを頼んでも良いし、あるいは切り身のまま買って帰って料理をするわけですが、ここで売ってる魚はどうも家で食べたいと思う魚がないので、そういう場合はちょっと遠いのですがもっと大きな専門店に行きます。

でも牡蠣、エビ、蟹の類はここで買うことも多いかな。

エビはこんな感じ。

その他の魚ですが、こんな感じ。

左上がバラマンディ、日本で言うスズキの一種。右はスナッパー。スナッパーというと鯛ですが、これも真鯛を含めていろんな種類がいます。このスナッパーはなんだろうか。右下のもわからず。左下は鮭。ただ鮭と言ってもこっちには2種類あるみたい。一つはアトランティックサーモンと呼ぶいわゆる鮭。もう一つはオーシャントラウト。直訳すると海マスですがどう違うのかはよくわからず。ただアトランティックサーモンの方が美味しいと思う。

一匹丸ごとも売ってます。

この店は小さいですから、いわゆるこの手の売れ筋しか置いていませんが、大きな店では結構いろんな種類があります。でもねぇ、日本人が嬉しいような魚は少ないです。というか結局日本人も日本人が好きな売れ筋の魚しか食べていないって事なんですよね。世の中には本当に多くの魚がいるんだというのがこっちの魚屋を見ていてもわかります。名前が知られてない魚って幸せでしょうね。人間に捕まることなく生き延びているのかもしれない。(笑)

日本人が嬉しいこちらの魚の筆頭としては、私はヒラマサだと思います。これは本当に美味しい。あとマグロ。マグロもブルーフィンと呼ばれる本マグロ(こっちのはクロマグロじゃなくてミナミマグロ)やキハダ、メバチがありますが、なかなか美味しいのを見付けるのが大変。というか、良いマグロはぜーんぶ日本行きです。余った物、輸出用にならない規格ハズレのもの、そんなのが地元にでるんでしょうね。

その他、ハタの種類もいろいろいます。それと太刀魚、サワラ、カレイやウマズラ、前にも書きましたがマトウダイとかフエフキダイ。ああ、日本ではあまり食べないボラもどこでも売ってます。日本でボラというと泥臭いと言われますがこちらのボラはそうでもないらしいです。私は食べたことがありませんが、たまにボラの卵巣だけ売ってることがありますので(普通は捨てる)、それを見付けた時にはたいてい買います。いわゆるカラスミの材料となる卵巣ですが、我が家では煮て食べます。でも食べるのは私だけ。

あとはーー、えーと、蛸イカの類、活伊勢エビなんてのも大きな魚屋では売っています。まぁ、なんだかんだ海産物は結構あります。っていうかクイーンズランド州は海産物で有名です。でもねぇ、我々が食べて美味しいと思う魚はあんまりいません。例えば真鯛も美味しくないし、アジもありますがパッサパサ。鰯もたまに売ってますが、鰯って基本的には釣り餌なんですね。ガソリンスタンドで冷凍物を売ってたりします。

ちなみに私の家はネラング川という川に面していて、庭から突き出た桟橋から釣りが出来ます。年がら年中釣れるのは黒鯛とキス。来た当時はしょっちゅう釣っていましたが、3年もしたら全く釣らなくなりました。同じ物ばかりだとつまらないんですね。でも日本から客が来ると喜んでます。日本ではまず釣れないような30センチオーバーの黒鯛が簡単に釣れますから。あと夏になるとシマアジが餌を求めて川の中に入ってきます。これは生き餌で釣るのですが、未だかつて一度しか釣れていません。その他にはマッドクラブ。これは蟹カゴに餌を入れて放り投げておくと蟹がそこに入ってきます。足を伸ばすと40センチぐらいの大型の蟹ですが簡単に獲れます。これも今では飽きてしまって獲りません。なんでもそうですが簡単に手に入る物って面白くなくなるんですよね。

こんな蟹です。

この写真は獲れた二匹の蟹を同じ入れ物に入れておいたら喧嘩して片方の足を引きちぎり潰している写真。非常に凶暴な蟹で、このツメで指を挟まれたら大変です。子どもの指ならちぎれるかも。恐いです。でも美味しい。(笑) 日本でも九州以南にいるようです。

で、日本人としては日本で普通に食べる魚が欲しいわけで、それは日本食料品店で買います。ただし、全部冷凍。サンマもこの前買ってきましたが久しぶりに大きくて太いのがありました。5匹で400円ぐらいだったかな。その他、鱈とか鰺、鯖、干物もいろいろ売ってます。でも全て冷凍。アンコウなんてのもありました。嬉しくて飛びついて買いましたがこれがまずいのなんの。

まずいで思い出したのが金目鯛。これは地元にもいるのですが皮がゴムみたいで駄目。で、ニュージーランドから良いのが入ったと聞いて、実はごっそり買ったんですよ。次ぎにいつ入ってくるかわかりませんから。そしたらね~~。これまた酷くて、全部捨てちゃった。

ま、日本ではどこでも簡単に食べられる魚ですが、こちらでは苦労します。こちらの魚もそれなりに手を加えれば良いんですが、なんというか、あえて食べたいって感じじゃないのね。

やっぱり日本が一番。早く帰りたいです。で、カメラを背負って日本中を廻りたい。ヨメさんが釣り好きなんですが、それが唯一の共通の趣味かな。日本全国釣り歩きなんてのもしてみたいなぁ。それとか地方都市を1ヶ月ぐらいずつ長期滞在してみるとか。マレーシアの事を考えてもワクワクしない私ですが、いつか日本中を歩き回ってあれしようこれしよう、あれも食べたいこれも食べたいと想像し出すと止まりません。本当にワクワクしてきます。

日本にいる人は海外に出たいと言うけど、日本ほど素晴らしくて何でもあって面白いところは無いと思うなぁ。

私たちがオーストラリアへ渡ってきた時には移民としてこちらの土になるつもりでしたが、歳を取る毎に日本への郷愁が大きくなってきます。だからいつか日本へ帰りたい。でもうちのヨメさんは全くそう思わないとのことで、まぁ夫婦でもなかなか歩調が合いませんです。ハイ。

ま、とりあえずマレーシアへ行くという計画になんら変更はありませんが、どうなるんでしょうね。姉が偶然先にマレーシアへ渡り、その後我々もマレーシアへという話が出て、それを聞いた両親がじゃぁ、俺たちもってなもんでさっさとマレーシアへ渡ってしまったのは前に書いたとおりで、我々だけが今取り残されています。

で、両親なんですが、マレーシアをかなり気に入っちゃってます。オヤジなんか日本には帰りたくないと言いはじめている。いの一番にこんな国はイヤだ、帰る!と言い出すのがオヤジだと思っていたのに。お袋も気に入っています。でももう二人とも80過ぎてますから行動的に何をするってわけでもなく、毎日家で日本のテレビを見たり、週に3,4回買い物や外食に出るだけの生活。何が面白いのかと思いますけど、やっぱり我々がまだ知らないマレーシアの魅力ってあるんでしょうね。楽しみです。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ