優しいヨメさん?

朝起きたら、台所にはもうヨメさんが朝ごはんを食べた形跡。日本ソバ。ヨメさんは朝6時ごろ起きるのでいつも勝手に食べる。

私は何を食べようか・・・。でもお腹はまだすいていない。って私は子供の頃から朝ごはんを食べない習慣が出来上がっていて、デブなのはもしかしたらそれが理由かもしれない。食事は一日二回で十分。

後で適当に食べようと思っていた時、

「お蕎麦で良いなら作ってあげようか?」

「う~~む」

「まだお腹すいてないんでしょ?」

「うん、ぜんぜん。」

「お蕎麦を食べなさいよ。作ってあげるから。」

「いいよ。蕎麦なら簡単だしあとで自分で作るから。」

「いいわよ。作ってあげるわよ。」

「いいってば~。」

「天ぷら蕎麦よ。作ってあげるってば。」

「そっか、じゃぁ作って。」

ヨメさんて優しいのかそれとも所詮やりたいことをやるといういつものわがままの現われなのか。

変に優しいと何かあるんじゃないかと勘ぐってしまう。

なーんて思っていた瞬間、

「シンクの中の物、洗っておいてくれる?」

ほーーーら、やっぱりそうだった。

洗い物なら食事を作ってくれなくてもいつもやってるのに(こういう旦那は世の中に多いのだろうか?)。

ディッシュウォッシャーで洗えば良いと思うだろうけれど、ディッシュウォッシャーだと綺麗にならないものもあるのね。それとディッシュウォッシャーってどこの家にあるのも皆同じ大きさ。これが面白いと思う。6人家族でも一人住まいでも同じ大きさ。我らは二人だからあのクソ大きなディッシュウォッシャーで洗うにはもったいないといつも思う。

まぁ、ヨメさんがわがままなのは昔からでそれはわかっていることなんだけれど、実はヨメさんは乾癬という皮膚病にかかっています。これは何度も書いていますが、この乾癬がまたこの数ヶ月悪化している。

乾癬を知らない方の為にちょっと画像を出しましょう。うちのヨメさんの画像ではないですが、こんな感じ。ああ、こういう画像も気持ち悪いですから、ここにそのまま出すのは止めましょう。クリックすると出ます。

乾癬の例  ← クリック

これが体中に出るわけです。

だからヨメさんは外に出たがらないし、人に会いたがらない。それと乾癬ってどういうわけか顔には出ずらいみたいで、それはそれで本当に有り難いのだけれど、頭の天辺から足のつま先まで出ちゃう。

もちろん痒いし、掻けばヒリヒリするし、刺激物でもくっついたら飛び上がるように痛いわけです。

これが足の裏に出来ますと悲惨で、足の裏の皮が割れます。つまり痛くて歩けないようになる。また爪の中にもできますし、今ヨメさんの手の爪は今にも剥がれ落ちそうなのがある。

こんな感じですから、洗い物なんかできないってことなんですね。料理もままならない。いつも使い捨てのポリ手袋をはめて何かやっていますが、洗い物ぐらいは私がやってやらないと可哀相。また私が出来る料理なら私がする。

これが我が家の実情です。

ところで天ぷら蕎麦ですが、美味しかったです。

天ぷらは自分の家で揚げるなんて面倒なことはせず、日本食材店で買ってきた冷凍物。これが結構便利だし美味しい。特に掻き揚げは何も無いときに非常に役に立ちます。30秒もチンすればOKだし。

我が家の蕎麦には拘りみたいなのはほとんどなくて、蕎麦好きの割には蕎麦のウンチクも言いません。日本食料品店で売っている乾麺で十分。その中で好きな銘柄が何種類かある程度。ソバツユもあのニンベンのソバツユ。ただ水で薄めるのではなくて、大好きな羅臼昆布の出しがいつも冷蔵庫に入っているのでそれで薄めます。これだけで十分美味しい蕎麦になる。

ところで皆さんは冷たい蕎麦にはワサビを使いますよね?では暖かい蕎麦には?うどんには?巷では暖かい場合は七味や一味が多いですが、私は蕎麦もうどんも、冷たくても暖かくてもワサビです。天ぷらうどんでもワサビ。

こんなことでも変ってるね~~、なんて言われるんですが、七味より絶対美味しいと思うんだけどなぁ。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ