ヘッジは難しい

金(ゴールド)のヘッジをいつ外そうかと見ているのですがタイミングがわからない。

ヘッジとは?がわからない人もいますので簡単に書きますと、金でも株でも通貨でも良いですが、買い(あるいは売り)の長期ポジションを持っていて、それの変動リスクから逃れるために反対の売買を入れておく方法。現物のヘッジを先物でやるとか。同数売買すれば買いと売りと同時に建っているわけですからどちらに動いても利益も出なければ損も出ない。上がれば買いポジションでは利益が出て、売りポジションで損が出て、通算プラマイゼロ。

だから現物を持っていて、下がりそうだと思えば先物なりFXなりCFD、あるいはETFを売れば良い。上がりそうだと思えばその売り物を外す。

まぁ、理屈は簡単。実行は難しい。(笑)

金(ゴールド)ですがどんなもんでしょうかねぇ。どう思います?

ここらで反騰するのかどうかは私のチャートの見方ではまるでわからないのですが、時間足を見てもそろそろという感じはあります。それともこの辺で中一服するだけなのか。

結局ヘッジも常時動きがわかるという前提じゃないと成り立たないってことだと思うんですよ。常に上がるのか下がるのか、転換点がいつも見えるのならばうまく行く。でもそんなことは絶対にありえないわけで、それがわかるのならそもそもヘッジをする必要がなくて、上がるときに買う。下がるときに売れば良い。

チャートを見ての分析と言っても、常にわかることはないにしても動きが見える瞬間があるわけで、その時だけ出撃すれば良いのだけれど、でもそれではヘッジにならないんじゃない?

逆にヘッジだなんて思うと、ヘッジ玉はこの金(ゴールド)で言えば売り玉を建てるってことで売り場ばかり探すようになる。では上昇が見えたときには何もしない?

長期の買いポジションがあるとして、それとは別に短期で買い場が見えたら買う(買い乗せとなる)。売り場が見えたら売る(ヘッジとなる)。っていうやり方はどうなんだろう。成功率はこの方が高いと私は思うのだけれど、でも失敗したときにはわけがわからくなるような気がするんです。その売買の必然性がないんだから。そのくせ、そのやり方だとヘッジするべきどころで何もしないで見ていることも増える(これが今までの私のパターン)。

だからヘッジだとすれば、このケースで言えばポイントポイントを探すんじゃなくて、もっと長い目で見て下がりそうなときに売り建てて、上がりそうな時にはそれを外すというのが考え方としては順当。

私としてはヘッジはヘッジなんだからそれをやればいいとは思うのだけれど、実は(久しぶりに名前を出しますが)ポーのスクーターさんと話をした中で、豪ドルのヘッジを日経225でも出来るという彼の理屈が頭から離れないんですよ。これは相関性があるからということだと思うのだけれど、この考え方って私にはかなり新鮮で、その考え方を勝手に自分の中で膨らませて、「一方の損を他方で補う」というヘッジの考え方を広げると、それこそ旦那の投資リスクをヨメサンがパートにでるという形でヘッジするなんてのもありで(笑)、金(ゴールド)の動きが怪しくなってきたら、FX、あるいはDAXやNYダウのCFD、それもデイトレで利益を出そうとするのもヘッジになってしまう。

まぁ、動きに相関性がない場合には両建てをしてヘッジってことはありえない訳だけれど、「一方の損を他方で補う」という考え方をちょっと広げてみたら何か今まで気が付かなかった何かがあるような気がしてしょうがないんです。

でも常にトータルを頭の中で計算して、儲けられる時にはその対象がなんだろうと儲ければいいじゃないかと思うのだけれど、それって現役でバリバリやる気のある人の考え方なのね。

もうジジーこいて、頭の回転も悪くなって(最近この自覚がかなり強い)、出来るだけ面倒なことはしないで、要所要所だけ押さえてやっていこうとした場合、やっぱりデイトレなんて疲れることは減らして、長期投資中心に、しかしヘッジはちゃんとすると言う風にしたいわけです。それもできるだけ簡単にしたい。

だからやっぱり金(ゴールド)の長期保持玉があるのなら、それのヘッジを要所要所CFDなりETFでやるってのは順当ですよね。

でも転換点なんかそうは簡単にわからない。(笑)

無理なことをどうにかしようと私はあがいているだけなんでしょうか?

ま、とりあえず今週中は金(ゴールド)のヘッジ玉を外しても良さそうな場面があると思うのでその方向で行く予定。

それは上昇に転換する可能性があるからそう思うわけだけれど、では新規に金(ゴールド)を買う場面かと言われれば、まだその兆候は出ていない。

私はフィボナッチは全く使わないんですが、フィボナッチ専門という人も世の中にはいるようで、そんな人の意見も聞いてみたいと思う場所。

実は本当に頭が危なくなってきた自覚が最近凄く強いんですよ。かなりうまくない。だからまだまだ相場の勉強もしなくてはならないし、実戦で使えるようにしたいのだけれど、どうも難しい。

例えばヘッジにしても、あのクルクルワイドは絶対に面白いと思うし、ましていろいろ難しさのあるトラリピもクルクルワイドに昇華して初めて威力がでてくるような気がするし、でもクルクルワイドの考案者のやり方は未だに完全には理解できていない。

金(ゴールド)の日中足を見たことがあります?5分足でも見てくださいな。なんでこんなにボラティリティが高いの?ってぶったまげるはず。ほとんど毎日上下に大きく、それも半端じゃなく大きく動くんですよ。でも一方通行じゃなくて、大きく上がれば大きく下がるみたいな摩訶不思議な動き。

つまりこれほどトラリピに合っている動きの商品ってないと思うわけ。

頭が良ければいくらでも面白いやり方がありそうなのに、我が脳みそは毎日段々と融けていくような状態。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ