全ての検索語句のログを取る方法 【備忘録】

最近のグーグルでは検索語句で飛んで来る読者がどんな検索語句を使ったか全てオープンにしない方針。ですからGoogle Analyticsを使っても検索語句の「Not provided」が非常に多く、それが検索語句のトップ。(笑)

わからないのがトップじゃ意味が無いわけで、でもそういう方向ならしょうがないと思っていたわけです。

ところが実際には読者とこのブログのサーバーとのやりとりの中で、検索語句がしっかり入っているのがわかりました。これはGoogleがどういう考えを持とうが関係なくて、これは(多分)インターネット上のデータのやり取り上、そういう構造になっている様子。つまり何時何分、どのIPアドレスから、どんな要求があり、どうサーバーが答えたかという動きがあるからこういうブログなりサイトが読者のPCに表示されるわけで、それのログも全て取ってあるんですね。

それがあるからハックとか事件があった場合、追跡調査ができるわけで、またインターネット上のトラフィックがどうなっているのかもそういうログがないと何もわからないんですね。で、そのログにはいろいろ情報が入っていますから、そこから検索エンジンから飛んできた場合の「検索語句」だけ抜き取れば良いということになります。

そんなややこしいことが出来るのか?Wordpressなら出来るのがわかりました。

WassUP Real Time Analyticsというプラグインでそれが出来る。これはWordpress側でアクセス解析をするツールで、それがログを取り、自動で保管してくれる。保管場所はWordpressがおいてあるサーバーの中。MySQLデータベースで保存されているので、欲しいデータだけ抽出すればOK。日付、時間、検索語句を引っぱり出してExcelで表示可能。

でもそこまでやるか?(笑)

販売やアフェリエイトサイトの場合、客、見込み客がどういう検索語句で飛んできたかを知るのは何よりも大事なはずで、この手のツールは必須。

私は?

それを調べても、「冷凍ステーキの焼き方」とか、「レモンの砂糖漬け」、「アップルパイで薔薇」なんてのがわかるだけで使い道が無い。(笑)

でもま、いつ必要になるかわからないので、それが可能であることだけは忘れないように備忘録として書いておく。

 

 
    

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ