鶏の胸肉ハムを低温調理で作ってみた

鳥の胸肉は「糖質制限」にはバッチリで、でも私の嫌いな食材の一つでもあるのですが、これをどうにか主食化しようと作戦を練っているのは前に書いたとおり。

読者の方にクックパッドで有名な方を紹介して頂いたのですが、その方は鳥の胸肉にはこだわりがあるようでかなりのレシピを載せています。パッと見て、かなりの腕のように思いますし、早速お気に入りに入れました。

たっきーママさんのキッチン [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが200万品
「たっきーママさん」という方のレシピです

 

今回はどれにしようか悩んだのですが、考えているうちに面倒になりとりあえずハムを作ってみました。(全然関係ないじゃん 笑)

というか胸肉で一度、「酔鷄」を作ってみようと思っていたのです。ユーチューブで見た中国人のレシピ。

出来上がりはこれ。味付けは単純で、塩コショウと紹興酒だけ。60度で2時間です。

RX1R-03673

火の入り方は私の思うベストなんですが、美味しいかというと疑問。(笑)

やっぱり胸肉ですねぇ、これって。しっとりしているのはしっとりしているんですが、やっぱり胸肉は胸肉。(笑)

使った胸肉はこれ。スーパーで売っている安い部類の胸肉です。キロ13ドル49。574gで7ドル74。

RX1R-03651

分厚いところに包丁を入れ観音開きに。

RX1R-03653

ラップで上下をはさみ、叩いて伸ばします。肉叩きなんて上等なものは持っていませんので、芋をマッシュするあれで叩きました。

RX1R-03654

これに紹興酒を掛け塩コショウしてしばし放置。それをグルグル丸めます。

RX1R-03660

ラップだけではうまく丸められませんので、ホイルを使ってグルグル巻きに。

RX1R-03665

これを60度で2時間、低温調理をしたもの。冷水で常温に戻してから開けてみました。全く汁が出ていませんでした。60度ってそういう温度なんですね。

RX1R-03670

それを切ったものが一番上の画像。

しかしやることが中途半端ですよね。これじゃ前に作った、単に低温調理したのと全く同じで、叩いて伸ばすこともクルクル丸めることも何の意味もありません。無駄なことをしただけ。(笑)

どうせハムみたいにするのなら、濃い目の塩をして2,3日冷蔵庫で寝かした方が良いと思いました。で、それを塩抜きして調理する。これだともっとしっとりして味が出るはず。

しかしやっぱり胸肉は胸肉でそこまで手をかけるなら鶏ももでやりたい。(笑)

胸肉は軽く塩コショウだけして、低温調理をして、それを素材としてどうにでも出来る形にしておくのが良さそうです。主食化が一番の目的ですから、あえて個性を付けないほうが良いかと。

ただ遊んだだけの実験でした~~~~。

あ、2つ作りましたが、一つはまだそのまま。これをタレにつけて置いといてみますかね。味付けは・・・やっぱり中華かな?

今後ですが、ハムとかチャーシュー(?)は面白いのは間違いがなくて、でも胸肉ではなくて腿肉でやってみようと思います。で、それをオカズにして主食の胸肉を食べる、なんてね。 (笑)