日本から買った「緑豆春雨」が美味しくてびっくり

私は緑豆春雨が好きなんですが、なかなか売ってないんですよね。全然無いわけじゃありませんが・・・。

ビーフン(米)はどこにでもありますが、柔らかすぎて好きじゃない。

ある時、緑豆春雨が欲しくて、でも見つけられず、それなら日本から買っちゃえと思ってアマゾンで買ったんですよ。

1キロってとんでもなく大量ですが、それで1438円。でもEMSで送りますから結構高いものつく。(こういう時には他の物と一緒にして重ければ重いほどキロ単価の料金は安くなる)

でもこれが美味しいのにびっくり。

緑豆春雨ですから「味がどうこう」ってことはないんですが、コシがあってモチモチしていて美味しい。

こういう緑豆春雨をマレーシアで食べた記憶がありません。

これ良いわ~~~。

スープに入れても良いし、炒めものでも冷製サラダでも美味しい。

緑豆春雨は血糖値も上がらないし良いと思うんですが、どうも調べてみるとこの製品は「緑豆」ではなくて「芋」を使っているらしい。そして原料は中国産。

こういう春雨ならマレーシアでもどこでも売っていそうだけれど、私には見つけられない。どこかに間違いなくあるとは思うんですが・・。

血糖値が上がってしまうのは残念だけれど、これの食感の良さは素晴らしい。

日本ってこんなものでも良いものがいくらでもあるのね。

本当に日本って凄いと思う。

調味料系もそうだけれど、マレーシアであちこち探したり、妥協をしながら買うくらいなら、日本から確かなものを買おうと思います。私はケチだけれど、こういうのをケチると悲しくなるばかりだし、コスパを考えると間違いなく良いと思う。調味料や素材がちょっと違うだけで料理全体が変わってしまうし。

特に最近はいつも行くスーパーの日本食材の品揃えがどんどん悪くなっていますので、我慢をせずに日本から、あるいは日本食材輸入商から欲しいものは買おうと思う。

でも不思議なのはヨメさん。オーストラリアに居る頃から、日本食材で文句を言ったことがないんですよ。あるもので作ってしまう。唯一「日本から買って欲しい」というのは「海苔」「羅臼昆布」「干し椎茸」「原了郭の黒七味」「ろく助の塩」「ナガイのもずくスープ(重いから送料が高い)」ぐらいなもの。

料理を作るヨメさんは文句を言わず、料理を(ほとんど)作らない私が文句ばかりって、一体何なんでしょうね。ヨメさんが何も言わないのは、言う前に私が日本から買ってしまうからかなぁ・・・。

いや、違う。何かが根本的に違うんだろうと思う。調理器具にしてもヨメさんはよっぽどのことがない限り「買い替え」もしないし、新たなものには一切興味も持たない。でも私はフライパンも鍋も買い替えたいし、スタンドミキサー、ハンディミキサー(買い替え)、ブレッドメーカー、パスタマシン、スチームオーブン、柳刃包丁(買い替え)とか、欲しい物を言い出したらきりがないくらい。でもどれもあったら便利なものばかり。食生活も大きく変わる。

収集癖が自分にあるのは自覚しているけれど・・・。

 
 
 

No tags for this post.