久しぶりに「牛肉のブロック」を手に入れた

海産物も肉類も同じで、「より良いものを」と思うとすぐに大きな壁にぶち当たりますね。伊勢丹あたりで気に入ったものを買うような方なら問題ないのでしょうが、我が家はコスパを重視しますし、我が家が欲しい肉って一般的では無いようでなかなか見つからず結構苦労しています。

日本から本物の和牛を輸入している商社から直接買うルートも開拓したのですが、ロットが大きいとかやっぱり私が欲しい肉を持っていないとかで思うようにならず。

今、一番欲しいのは(日本の本物の)和牛の【サシが入っている(安い)もも肉のブロック】ですが、まず見つかりません。あるいは10キロ以上の大きなブロックを買うか。

そういう意味での妥協としてやっぱり長年食べてきたオーストラリアのWagyuは良くて、日本の和牛には劣るものの価格は半分ぐらいですし、様々な部位が売られているのでやっぱりオーストラリア産のWagyuに目が行ってしまいます。

また肉をガッツリ食べたい時にはローストビーフが最適ですが、オーストラリア産のWagyuでも「サシが強すぎる」のね。美味しいのは最初だけですぐに「オエッ」となる。だからやっぱり【無印牛】って我が家には大事なんですが、これまた「現物を見ないで買う」と恐ろしいことになるのは何度も経験済みでなかなか手が出ません。

でも今回、そこそこ良さそうなオーストラリア産Wagyuのブロックと巡り会えました。

部位は「Oyster blade」で日本で言う「ミスジ」ですか。2.4キロぐらいのブロック。いつものこの会社から買いました。

このOyster Bladeという部位はオーストラリア時代にも一番食べた部位です。Oyster Bladeって普通の無印牛ですと、正直なところ「美味しくない」ですし価格もめちゃ安いのですが、WagyuのOyster bladeって結構良いのね。部位的に価格は安い、しかししっかりサシも入って十分美味しい。

オーストラリアではこんなOyster bladeがキロ単価2500円ぐらいで買えたんですよ。日本流に言えばグラム250円。

でもマレーシアでは同じオーストラリア産のWagyuでもこれだけのものは見つからないし、価格は3倍以上。(┰_┰)

でもしょうがないですよね。ここはマレーシアで、オーストラリアの価格なんか関係ない。

また日本的な感覚でいうと、このOyster blade(ミスジ)ってステーキにはしづらい部位なのね。まず形がいびつですから、ステーキのように同じ様な形、同じ様な厚さで切ることが出来ない。

形はこんなですから。横から見るとこんな。

また日本で言う「ミスジ」って「三筋」から来ているようで、このブロックの中に「スジ」が走っているのね。だからそれが気になる人には向かないし、スジを抜き取れば形は崩れちゃうし、小さく切り分ける焼肉屋でしか使えないような部位。

(切り口の色を見ると、色が悪いと思う人が多いようですが、これが本来の色で、これを切って空気に触れているうちに「鮮やかな色」になってきます)

スジが入っているなら煮込めば良いと思うけれど、そこそこ高いWagyuを煮込む人は珍しいわけで、そういう意味でも美味しい割には人気がない部位。だからWagyuの中でも価格的には安い方で、リブロースに比べたら【半額程度】なのが普通。日本の和牛の良い部位と比べたら4分の1の価格。

でも我が家みたいに好きに切り分けて調理する家庭にはコスパもよくて良い肉となる。

脂が付いていますが、これはブロック肉の特徴で、あえて脂肪分を付けて大事な部分をカバーしているわけで、普通はこれを切り落とす様ですが、我が家は付けたまま調理することが多いです。日本の高級店みたいに「脂身をきれいに落とす」ような食べ方が良いとは思わないから。

脂身が多いと思ったら食べなければよいだけのこと。

ただ裏側にはスジ(銀皮=シルバースキン)が付いている。これってスジはスジでも「骨にくっついてるスジ」で硬いのね。ま、スジらしいスジですが、これはやっぱり削ぎ落として捨てるなり、スジ煮込みに使うしか無い。我が家はこれを切り落とす時に「あえて肉を付けて切って、スジとして使いやすいようにする」のが普通です。

最近、ユーチューバーに肉屋、焼肉屋も増えてきて、それを見ていると彼らは「一切無駄は出さない」のに気がついて、私も真似をしようと思っています。(笑)

2.4キロをそのままローストビーフにしたらいくら何でも大きすぎるし、約半分に切って、片方はローストビーフ、片方は薄切りにすることに。

スジが強い方をローストビーフ(とステーキが良いというヨメさん用)用にします。スジが強いと言っても噛み切れないほどのスジではないし、スジが嫌なら食べる時にそこだけ避ければ問題なし。お店だと「スジが嫌ならそこだけ食べないでください」なんて言えないから、この部位を使うのは難しいのだと思います。でも小さく切り分ける焼肉屋なら問題なし。

スジが弱い方こそステーキやローストビーフにも合うとは思うのですが、薄切りで私は食べたい。

と言いますのは、ちょっとだけ味見で薄切りにして「焼きしゃぶ」みたいにしたら美味しかったから。焼き肉なら全く問題なし。口の中でとろける様。(でもしゃぶしゃぶには役不足だと思う)

久しぶりに良い肉に出会えました。

楽しみ、楽しみ。

でもこの肉って日本の和牛の基準でいうとA3-A4あたりなんですが、実はこれでも我が家には「脂が多すぎ」なのね。だからこれをローストビーフにしたら、「オエッ」となるのはほぼ間違いなさそ。

全部薄切りにしちゃうのが我が家としては大正解だと思うのですが、そもそもは「ローストビーフをガッツリ食べたい」と思って探して買った肉ですし・・・。

どうなりますか・・・。

しかし我が家はこんなローストビーフを食べたいだけなのに、なんでこんなに肉探しが難しいのだろうか。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ