老化は病気。どうやって治す?サプリメントはある?

歳を取ってくるとあちこちの調子が悪くなるのがはっきりわかりますね。

でも、老化なんだからしょうがないと思う。

ところが「老化は病気である」という学者がいる。ま、これは大げさに言っているだけですが、老化の原因は「ミトコンドリアの弱化」であると。逆にミトコンドリアが活発に動いていれば老化を遅らせるだけではなくて、多くの病気も治る。

そしてそれは当然、【美容にも大きく関係がある】わけで、シワとか肌のハリとか、私達が諦めていたものが復活する、あるいは劣化スピードを遅くすることは可能とのこと。

こういう話になってくるとそれなりに科学、医学を学んでいないとわけがわからないのね。(高校の知識でOK)

だからどうしたって「運動をしよう」「腹八分目にしよう」「サプリメントを飲もう」で止まってしまう。またそれらが良いにしても、「なぜそれが良いのか」「どんなサプリが良いのか」まではわからずに、巷で言われること、週刊誌レベルのことをやってみようと思うだけ。

そしてどこか具合が悪くなれば病院に行く。

でも私達には「違うやり方がある」とのこと。【ミトコンドリア長寿法】や【糖分塩分の再吸収を止める】とかがある。

この図を見てください。これは「人間が具合悪くなる流れ」みたいなもの。私達が病気だとか具合が悪いというのは、それらが「発現して初めて分かるもの」であるし、それぞれの症状を治療するのが今までの医療。

この図は、下流の様々な病気は【上流にその原因がある】のを示している。

近年はIPS細胞の研究も進み、「悪い臓器を入れ替える」なんて時代も来るのでしょうが、それって「ポンコツになった自動車のある部品だけ取り替える」のと同じで、「ポンコツにならないようする」のが本来は何よりも重要なのは明らか。

上の図で言えば、下流にある病状が出てから慌てるのではなくて、もっと上流の方でうまくやろうじゃないかという考え方。

それにはまず「ミトコンドリア」がキーワードになるし、最近、言われるようになった【腸と腎臓】が大切なのがわかってきた。

「糖と塩」はとんでもなく重要ですし、私達の体に大きな影響を与えているのは間違いがなくて、大事なものでもあるのと同時に悪さもする。現代では糖も塩も過剰摂取状態であるのは明らかですが、なんと、人体には「腎臓で濾されて出来た尿」からその後、時間を掛けて糖と塩を徹底的に吸収する機能があるとのこと。これは人類の進化の歴史を考えれば大事なことなのはわかりますが、現代では逆効果で「過剰摂取」となっていると。

「尿から糖分と塩分を再吸収する」という働きを止めるだけで、現代人の健康は大きく改善すると。

私もこの辺に興味があったのですが、ややこしいことはわからずにいました。でもこのホリエモンと慶応大学の伊藤医師の対談を見つけて、その辺の理解がかなり進み、このことはそれなりにややこしい話ではあるけれど、だからといって私達の健康維持に関しては「何十年前と変わらないことを考えている」っておかしいと思うんですよ。近年、医学の進歩でわかってきたことは多いのだから、是非それを理解して実践してみたいと思う。

結論から言うと、「運動と少食は大事」なのはその通りで、サプリメントに関して大きな進化が起きているのね。それは

○ SGLT2阻害薬 (尿から糖と塩を再吸収するのを止める)
○ 5ALA
○ NMN
○ メトホルミン

が良いという。これらの一つでも皆さんご存知でしたか?

私は糖尿病ではありませんが、血糖値を下げることが【趣味】みたいになっていまして(ダイエットにも大きく関係する)(笑)、これらの中のいくつかの薬(サプリ)の存在を知っていたし、5ALAとメトホルミンはもうすでに服用を始めていました。ところがですね、「なぜそれが良いのか」の理解は浅かったのです。

でもこの動画を見て、疑問は大筋解けたし、あやふやだった知識がしっかりしたものになってきました。ただこれら全てがビタミン剤みたいに簡単に手に入るものではなくて、処方箋が必要な「糖尿病治療薬」として今でも使われているものもある(SGLT2阻害薬、メトホルミン)。でも近年「老化防止」「体重減」を目的に処方する医師も増えてきた。(マレーシアでは簡単に手に入る)

これらを皆さんにオススメするわけではありませんが、近年の医学で「老化防止」「健康維持」に関して何がわかってきたのかを知るのは良いと思います。また「NHKのためしてガッテン」が好きだった人は「サーチュイン遺伝子」なるものもご存知だと思うけれど、その活性化させる方法とも関係がある。

「運動をしましょう」
「腹八分目にしましょう」
「野菜を沢山食べましょう」
「糖分、塩分は減らしましょう」

こういう古典的な健康法の大筋に間違いはないけれど、今は「一歩進んでどうするか」「最適なサプリメントもある」という時代。今までとは違ってかなり医学科学の世界が進んできたのがわかる。

ややこしい科学的なこと、医学的なことを理解するのは簡単ではありませんが、健康法は「宗教ではない」わけで、やっぱり「なぜそうするべきか、それを摂るべきか」を科学的に理解する必要があると思います。

でもそれを理解するのはやっぱり難しくて、私は良いと思って摂るサプリは当然、ヨメさんにも良いと思うのですが、「ヨメさんが理解できるように説明するのはほぼ不可能」なんですね。でも息子に話し、上の動画を紹介したら「凄い!」と感動していました。そして彼も私と同じサプリを使う方向で動き出しました。

ただし、動画の慶応大学の伊藤医師とは全く違う意見、学説を持つ専門家も居るだろうし、ホリエモンのいうことなんて聞きたくない人も少なくないのは間違いがない。

でもこういう学説とそれを裏付ける証拠があり、その恩恵を私達が受けることも可能なわけで、ま、とりあえずこの動画で言っていることを頭の中に入れておくのは重要だと思います。これからの医学はこういう方向でどんどんややこしくなっていくはずで、「XXXXを飲むと美しくなります。痩せます」みたいな広告宣伝、アフェリエイト大好きなブログの内容をそのまま信じるべきじゃないし、私達もちゃんと勉強して、【慎重に実践する】ことが重要だと思います。

でもね~~、ジジーになると覚えも悪くなるんですよ。

この動画を私は真面目に2回見たけれど、まだきっちり理解できないのね。いろいろなサプリメントの話が出てくるのでごちゃごちゃになったり。

しょうがないので、メモを取りながらまた見ることにしました。

ユーチューブの動画を何度も、またメモを取りながら見るなんて生まれて初めての経験。(笑)

ちなみに5ALAとMNMは日本のアマゾンから買っています。SGLT2阻害薬とメタホルミンはマレーシアのDoctor on callから(オンラインで処方箋が出て、それらを買える)。

ただ我々みたいな素人が「なんだか体に良いらしいよ」程度の知識でいい加減に始めるべきではないのは間違いないし、親しい医者がいるのなら相談しつつ進めるべきでしょう。今の時点では一応「治療薬」として世に出ているものもあるわけだから。でも危険であるとか、使用量を厳格に守らないと危ないとかそういう類のものではない。

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ