スペアリブ

私もヨメさんもスペアリブは大好物。それは豚バラであり牛のカルビであり、骨付きのスペアリブのBBQって最高~~。

で、本日、世の中はレイバーデイの休日だったのですが出かける用事があって、ついでだから晩御飯は外で食べようという話になりました。ところが休日ってだいたいのお店は休み。やっているのは中華料理、韓国料理、あるいはホテル内のレストランとか。

前々から行ってみようと話していた店があります。マリーナミラージュの中のRibの専門店。あそこなら間違いなくやっているだろうということで5時過ぎに突撃。

Ribs and rumps  ←クリック

店の名の通り、リブとランプの専門店。

店に入る前に夕日の美しさにしばし見とれていました。

お店はやっぱり暇。ゴールドコーストは不景気ですが、まぁシーズンオフだからこんなものなのかなぁ。夏場だけで一年分を稼ぐのだろうか。あまり暇だとこちらの方が心配になってしまいます。

オントレはガーリックプロウン。そしてシーザーズサラダの小さいやつ。

この店のオントレは味付けが薄いと思いました。でもリブの味はかなり濃いはずでこれで均衡が取れているのかなと思ったり。で、このシーザーズサラダ、やっぱりアンチョビが入っていない。最近のシーザーズサラダってアンチョビ抜きがトレンドなのだろうか。まぁ、好き嫌いがあるとは思うのだけれどアンチョビが入っていないシーザーズサラダってクレープの無いコーヒーみたいな・・(古っ!)

でもマジにアンチョビって大事だと思うわけで、味云々のほかに、アンチョビで塩加減がうまい具合に調節できるんですよね。

パンですが、いらないとは思ったもののチーズ味のガーリックバケットという名前につられて注文してしまいました。でもこれまた味は薄かった。この前のスパニッシュのパンみたいにフスマを食べているような悲惨さはなく、まぁまぁ。でも注文する必要なかったなぁ。

メインのスペアリブ&ランプステーキが凄かった。異常な量。

写真だけでは大きさの比較対象になるものがないので伝わらないと思いますが、手前右側にあるのはステーキでRumpの400グラム。向こう側にあるのがポークリブとビーフリブ。左のはオニオンリングですが、これだけでもドンブリいっぱい分はありました。

この店はリブが売り物で三種類。ポーク、ビーフ、そしてラム。我が家は2人ともラムが駄目なのでポークとビーフ中心。で、Rumpステーキをつけても値段が安いのでRumpも付けてもらいましたが400グラムは多すぎ。250グラムでよかった。大食いの私でも残しました。

このリブ二種類とRumpステーキですが、多分3人でもちょうどいいかも。またリブの組み合わせも好きなように選べますし、リブ好きにはこの店は良いと思いました。でもまさか2人で行ってこれを二人前頼んだら大変なことになりそう。

メニューには他のリブステーキもあるし、ハンバーガーもある。キッズメニューもあったし、シェアするためのメニューもあって、ここは子連れの大人数で楽しめるし、安く上げることも可能だと思いました。マリーナミラージュの中にある店らしくないとも言えますが、逆にマリーナミラージュって子供を連れて行く店じゃない高級店が多いから子連れの場合にはここは良いかも。

料金はビール二本、ワイン一本で今時のゴールドコーストらしい料金でしたが、今日は高いという感じはありませんでした。

ではこの店にまた行くか?あるいはお奨めするか?

難しいところですね。日本からお客様が来て、肉を腹いっぱい食べたいというような若者ならここに連れて行ってもいいかなって思う程度。

あああ、スペアリブとステーキの味ですが、ゴールドコーストの平均より上だと思いました。でも日本からのお客様を連れて行ったらなんと思うかは別の話。


View Larger Map

(本日持っていったカメラは富士フィルムのX10。やっぱりこのカメラは凄いですわ。料理が普通に写っていますが、実際は真っ暗と言っていいほど暗い店で、まさかこんなに明るくしっかり撮れるとは思いもしませんでした。もし店の実際の明るさに落としてみたら、料理も何が何だかわからないかもね。ああ、やってみましょうか。

この明るさが実際の目で見た感じに近いです。本当に暗い店だった。)

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ