牛骨スープを煮詰めたら全く美味しくなくなった

結構いい感じに出来た牛骨スープですので、これを煮詰めて手を加え、デミグラスソースを作ろうと思いました。

でも煮詰めていくに従って牛の匂いが強くなって、しかしそれは美味しさの凝縮ではなくて、動物臭さ、獣の臭さとでもいうのでしょうか、決して喜ぶべき味ではなくなってしまいました。

なおかつ、ゼラチンたっぷりなのが「ゼラチンの多すぎ」になって、ヌルっとする感触まで出てきた。

この気持ち悪さわかります?動物臭くてヌルっとするんですから。

気持ち悪い・・・、なんて思ったらもうダメで、一気に食欲がなくなりました。

じゃぁ、お湯でも入れて伸ばせばよいかと思ったのですが、一度気持ち悪いと思ったものはどうやっても美味しくなるとは思えず。

どうしましょ。捨てたい気分。

嗚呼、本当に料理って難しい。独学の限界、壁って、思ったよりかなり手前にあるんだと痛感。

もう「肋骨は買わない」ことに決めました。私には扱いが難しすぎます。あれを買う人ってどんな人で、家で何を作るのか聞いてみたい。

 

 
    

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ