中華のパォ「葱花巻」を作ってみた

肉まんの皮を小麦粉を練って作ったのですが、水を入れすぎたので粉を足し、また粉を足しの繰り返しで皮だけ大量に余ってしまいました。

どうしよ・・・・。

そこでハタと閃いたのがいつか作ってみようと思っていた「葱花巻」。

作り方は簡単で

◯ 練った小麦粉を伸ばす。
◯ 油を薄く塗る。
◯ 薄く塩を振る。
◯ 刻んだ葱を散らばす。
◯ 五香粉を若干振る。
◯ 気まぐれで「パンチェッタみたいなハム」を刻んで散らす。
◯ たたむ。
◯ それを適当な大きさに切る。
◯ 箸を使ってねじって花のようにする。
◯ 蒸す。

これだけ。

蒸す前。

RX1R-06585

蒸しあがり。うまく膨らみませんでした。

RX1R-06586

なぜかうまく膨らみませんでしたし、重い感じがしてイマイチ。味はそこそこなんですが。

小麦粉を練るのも面倒ですし、どういう小麦粉にどんなイースト菌をどのくらい使い、どうやって発酵させて、膨れたものをどう維持してどう蒸すかって私にはわからないことばかり。パオを作ったりパンを焼いたりケーキを作ったりする人って天才だと思いますわ。

難しい・・・。

ヨメさん曰く「肉まんを100点とすれば、これは50点」ですと。それでも高得点かもしれない・・・。

参考にしたレシピはこれ。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ