「Mozaic@Mandarin Oriental Hotel」のバッフェに行ってきた

マンダリンオリエンタルホテルのレストランで安く食べる権利を手に入れましたし、今回はゴールドコーストから来た友人夫婦と一緒に「Mozaic」に行ってきました。

「International Cuisine」のバッフェを一日中やっている。アラカルトもあるらしい。

料理ですがパッと見た目は良いんですよ。いろいろあるなぁと思う。セクションごとに分かれていて中華、ローカル、インド、地中海(モロッコらしい)、和食等。デザートやスイーツも豊富にある。

ところがですね、ざっと見て回っても「良い食材はないな」というのがすぐにわかりました。和食のコーナーに刺し身と鮨がありましたが、日本人が食べたいと思うようなものじゃなし。でもま、サーモンはある。ああ、それと今まで見たこともないくらい痩せて身がほとんどない生牡蠣。

他のセクションの素材もそうで、いろいろあるけれどお金がかかっていないのがわかる。ローストビーフも無いし。

「Mozaicは止めたほうが良い」という情報は得ていたんですよ。でも自分で確かめないとねー。で、結論はその人の言うとおりだった。

でもインド料理のセクションは良かったと思います。ラムラックも焼きたてはかなり美味しい。焼いておいてあるのは固くなっていて駄目。

マンダリンオリエンタルって名前は凄いし、KLCCの隣という立地は抜群だし、ホテルもレストランも綺麗だし、スタッフ連中もそこそこ良い。だからマンダリンオリエンタルホテルの歴史や他の国のマンダリンオリエンタルを知っているとやっぱり期待しちゃいますよね。でもここはチト違う。これはリッツカールトンも同じで、そしてJWマリオットもそうで、「マレーシアはホテルが安く、普通なら手が届かないホテルでもリーズナブルな料金で泊まれる」という人は多い。そう書いてある情報誌も多い。

こういう人たちは本当に自分で泊まってみて、他の国の、他の都市のそれらと比べたことがあるんですかね。実際に泊まる旅行者も「頭に血が上っている」場合は、冷静に比較が出来なくて、「やっぱり良いわ~」なんて人も少なくないのかもしれない。

いや、悪いとは思わないですよ、私も。でも他の都市、他国のそれらとは随分違うなぁと思うわけです。

でもそれも7-9年前はそうは思わなかった。ちょっと古いな、ちょっと違うなと薄々感じたぐらいで、「こりゃないわ」と思うほどじゃなかった。

しかし、マンダリンオリエンタルホテルを「今でも」推す人がいるとするならば、実際に泊まって食べて、評価をしっかりし直すべきだと思うんですよ。「ブランド」だけでヘラヘラ喜ぶ人たちばかりじゃないはずですから。

写真もいろいろ撮ってきましたがここに載せる気が起きません。見た目は良いのは間違いがなくて、それはネットでも検索すればいくらでも写真は出て来るし、おいしそうな感じはするはず。

今回は5人で食事して50%オフ(飲み物は別)ですからかなり安かったわけで、それで文句を言うか?とも思うわけです。でももし定価を払わなければならなとしたら、ありゃないわと思う。7時半を過ぎてからかなり客が入ってきましたが、彼らもみんな割引客じゃないの?なんて本気で思いました。

定価は一人RM135(++)かな。ま、それで良いものが出るわけがないと言えばその通りですが、ここは「マンダリンオリエンタルホテル」なんですから、その名に恥じないような料理を出して欲しい。でもそうなると一人RM138では無理、ってことなら高くても良いんじゃないですかね。中途半端な料金で中途半端な料理を出してて良いのか!マンダリンオリエンタルホテル!

「値段相応」と言えばそうなのかもしれないけれど、有名ホテルのレストランって「責任」があると思うんですよ。右も左もわからない旅行者は「とりあえずホテルの中のレストランなら」って思うケースは非常に多いわけで、それであれじゃ酷いと私は思う。

それともあれで良いと思う客が多いのだろうか。

いやいや、やっぱりマレーシアのマンダリンオリエンタルは・・・って思うんじゃない?

ま、どこのホテルだろうがレストランだろうが、好きなようにやれば良いですが、正直なところ、私はがっかり。

ゴールドコーストから来た友人の前ではこんな話は出来ませんでしたが、別れてから家に帰る車中では「何あれ?とうなっちゃってんだ?」という話でもちきり。

50%オフだからかろうじて900リンギ以内には収まったけれど、ビールと白ワイン一本頼んで、もし定価だったら1200リンギは軽く超える。ありゃないわ。

「Mozaic@Mandarin Oriental Hotel」へのリピートは無しに決定。半額でも行かない。

ところがですねぇ、どうも週末には「そこそこ良さげなシーフードバッフェ」らしきものをやっているらしい。料金も違うのだけれど、写真を見ると面白そうな感じ。

このシーフードバッフェは行ってみようと息子がいいだした。どうなりますかね。

しかし、マンダリンオリエンタルホテルのレストランって一体どうなっちゃったんですかね。前に書いた中華のライポーヒーンも昔とはまるで違う店みたいになっちゃったし。

KLもどんどん進化して、本当に良い有名ホテルも立ちだしているし、昔の「名前」の上に座ってボサーとしているとマンダリンオリエンタルホテルもアウトじゃないですかね。

私にしてみると、ワンウタマのワンワールドホテルのほうが宿泊、食事ともにコスパは上だわ。

マンダリンオリエンタルとかリッツ・カールトンって「ホテルも食事も凄いしいつも行きたいのだけれど、値段がなぁ・・」という感覚を私は持っていて、だからこそ「ここぞ」というときには行くホテル。でもここマレーシアにおいては随分違うと思いますわ。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ