本当に朝日新聞はなくなった方が良いと思う

朝日新聞ってちょっとおかしいというのはかなり昔から感じていましたが、これって私が保守思想を持っているからというのではなくて、公平さに欠ける、プロパガンダ、誘導が多いと感じるということ。これは左側の人とて同じように感じているはずだと私は思ってて、自分の思想に近いことを言うから良いとか悪いとかじゃなくて、やり方に問題があると思うんですよ。

報道とは事実をありのままに報道するのが役目であって、読み手がある方向に見方、考え方が動くような誘導がそこにあってはならないと思うんです。「自社はこう考える」というのは別枠でやってくれないと本当に困る。世の中を変えようなんて使命感は捨ててほしいです。

でもま、どこでも同じといえばその通りなんですが、朝日、毎日、NHKはそれが目立つ。また産経とて逆の意味でも同じかもしれません。あるひとつの事象だけを取り上げて、そこだけガンガン攻めればどんな理屈も作ることができるわけですから。

そういう意味では、私がよくここに出す「チャンネル桜」も似ていて、ここは保守色丸出し。でも、それはそれで保守の欠点も見えるわけで、それはそれと割り切ってみた場合、情報量の多さという点は特筆すべきだと思っています。

で、やっぱり朝日は解体すべき、そして最近の動向の動画。面白いと思いました。

朝日のやり方は国民を馬鹿にして、自分の思想を押し付けるやりかた。戦前、戦中はまったく逆の方向で国民を煽ったのと体質はまったく同じだと思います。中国共産党とまったく同じ。

朝日の解体。私も大賛成です。影響が大きすぎる。

 

 
    

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ