上海蟹に発がん性物質?

香港で大手の上海蟹養殖業者の上海蟹から「基準値を上回るダイオキシン」が検出され、800キロを回収。輸入と販売を禁止したと。

香港市場の上海ガニからダイオキシン 800キロ回収 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

上海ガニから発がん性物質 養殖会社2社に輸入・販売停止措置(フジテレビ系(FNN)) – Yahoo!ニュース

ちょっと気になったのはこの上海蟹は「太湖」の養殖業者とのこと。

そしてこの二社が「香港市場の7-8割」を扱っているとのこと。

先日、上海蟹を食べに行ったクチャイラマの「茶王之家」ですが、ここで出している上海蟹は「太湖」産。

香港市場の7-8割を扱うってことは太湖でも最大手の二社なんでしょうね。

ってことは・・・・・。

発がん物質が怖くて中国産の食品を食えるか~~~、なんて思うんですが、「在上海の日本総領事館も注意喚起をした」なんてのを見ると意気消沈してしまいます。

このニュースが出る前に「茶王之家」で食べてしまってラッキーなんて思ったり。(笑)

知らぬが仏・・・・

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ