「韓日館」はもう行かないつもりだったけれど、最後の確認に行ってみた

私達が焼肉っていうと、いつも行くのは「韓日館」。

気軽に行けて、食べて飲んでそこそこ満足できる【唯一】の焼肉店です。

もっと良いところはあるだろうよ~~なんて言われそうですが、我が家は韓日館。(笑)

ところがですね~、5月に家族3人で行った時に、「なんかおかしくない?」って話になったわけです。こんな内容なら「もう韓日館はやめよう」と。

でも数日前ですが、「焼肉に行こう」と話になったのですが、「どこへ行く?」と私が言っても皆は沈黙。

私もどこに行ったら良いのかわからない。

頭に浮かぶのは最近行った「新日本焼肉党」とか新しく出来た、そして薦められて行ってみた「G店」とかデサスリハタマスのお店。あるいは「金牛」とか。ところがですね~、新日本焼肉党は「絶品」だと思った「ネギタン塩」が全然駄目で(厚切りタンはOK)、そしてあの店は高い肉を頼まないと美味しくないし、そんなのをガッツリ食べたら破産してしまう。かと言って「G店」はメニュー的に我が家にはイマイチだし・・・。金牛も我らが思う焼肉店とは全く違うし、なんだかスバンの方に新しく出来た日式の焼肉屋が良いみたいだからそこへ行くか?と言っても遠いところに行く気は誰にも起こらない。LOT10の名店(と言われる店)も我が家とは全く合わないし・・・。

どうしようって思っていたのですが、「本当に韓日館が駄目になったか確かめに行こう」と誰が言い出したのか忘れましたが、それで決まり。

まずはビールで乾杯。そして「今日は大丈夫だろうか」「最初にちょっと頼んで駄目だったらすぐに帰ろう」と話をしながらいくつか注文。

厚切りタン。上タン塩。

中落ちカルビ(リブフィンガー:肋の間の肉)。

韓日館では「タレ」に別途「日本式なんちゃら」ってのをいつも頼むのですが、これが美味しくて、それで食べたら・・・

美味しいじゃ~~~~~~ん♫

全く問題なし。それどころかかなりの満足感。

この前全く駄目で、「もう韓日館はやめよう」って話したときはどうしてそんなだったのか、まるでわからず。なんなんでしょうねぇ。まるで違う店の様。

でも我が家としては一安心で「救われた」と思ったくらい。

こうなるといつものように盛り上がるわけで、ビールは「韓国焼酎ジンロ」に変更し、次々と肉を注文。

今回始めて頼んだのが「すじ肉」。すじ肉って焼肉で食べたことは全く無くて、というか、「骨付きカルビ」の骨にまとわりついている「ゴムみたいなすじをよく焼いて食べるのは皆の大好物」だけれど、あのすじが出てくるのかと思ったらさにあらず。

え?なにこれ?と思ったけれど、焼いたらすぐにトロンとして結構いい感じ。

九州女のヨメさんはどうしてもこっち系が気になるみたいな「レバー」「ミノ」も美味しかった。

イベリコ豚の豚トロも美味しい。

でもイマイチだったのが「ハラミ」。っていうかハラミって難しいですよね。日本みたいに和牛のハラミが簡単に手に入るならまだしも、マレーシアではそうもいかない。決してハズレじゃなかったけれど、こういうハラミならパスしたいなぁ。でもたまに「和牛か?」みたいなサシが入って柔らかくて美味しいのもあるから頼んでしまう。

こんな感じで我家の定番焼肉が一巡して、次の周回にはいるわけですが、ここで我が家は「和牛、Wagyu」が食べたいね、とはならない家。

とりあえず厚切りタン、タン塩、中落ちカルビを追加。あと、何を頼んだっけ。

あ、そうそう。もう肉はいらない~~ってことになって、じゃぁ最後に・・と頼んだのが「ビビン麺」。私は冷麺も好きだけれど、ビビン麺はもっと好き。でもマレーシアではなかなか私に合うものがなくて冷麺もビビン麺も家で作って食べるのが普通。

でも今回はなんとなく気になってビビン麺を頼んでみたんです。

なんじゃこれ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

食べてみたら、見た目以上にがっかり。もう二度と、絶対に頼まない。

でもま、「もう来ないつもりだった韓日館」ですが、「汚名返上~~」。(笑)

我が家には韓日館が一番合うのは間違いなし。今回のお会計は3人で600リンギ超えになってしまったけれど、他店でこんな調子でそこそこ食べられる肉を選んで食べたらもっととんでもない金額になる。

良い肉を食べたいときには家で食べるのがコスパ一番だし、我が家には「高級な店で美味しい和牛をちょこっと食べる」という感覚は皆無なんですよ。

でも自宅用に良い肉を手に入れたときには、韓日館に持ち込んで「七輪で焼いて」食べてみたいと思うことがある。やっぱり焼肉はこれが大事ですよね。で、韓日館って「七輪をテーブルの上に置く」から、なんというかこの距離感、品のない雑然さがたまらなく好きなんですわ。(笑)

自宅で煙をモクモク出してBBQをやりたいってのが私の夢。ゴールドコースト時代は裏庭でBBQってのは生活の一部になっていましたが、本当に懐かしいです。

焼肉屋ってそもそも「大したことのない肉をいかに美味しく食べさせるかが店の腕」だと思っていて、我が家はそういう意味で韓日館を買っているわけです。

では韓日館で良い肉(高い肉)を食べたらどうなのか?

実は前回、「もう韓日館はやめよう」と思った時に、いつものがあまりにも酷いので普段は頼まない「Wagyuカルビ」を頼んだのが致命傷になったのかもしれない。また去年、「韓日館で一番高い肉を食べてみよう」なんて馬鹿なことをシドニーから来た次男坊が言うので「普通の切り方のペラペラの黒毛和牛で一枚1500円に相当する肉」を食べたんですよ。これがまた大外れで皆でブーイングの嵐。

韓日館は安い肉ほど美味しいのかもしれない。(笑)

ということで「韓日館にはもう行かない」という前回の決定は【撤回】!!

いや~~、救われました。他に行きたいと思う店がないんですから。でも大事なお客様を連れて行く店でもないし、「焼き肉を食べたい。どこか良い店はない?」としょっちゅう聞く我が家の両親+姉には、「どこが良いんだろうねぇ」と答えるばかりで韓日館のことは話さない。もし彼らを韓日館に連れて行ったらきっとブーイングなんてもんじゃないはず(彼らはLot10のあの店でも二度と行かないと文句を言う)。(笑)

韓日館ってグルメが行く店じゃないと思うし、「高くても良いものを食べたい」なんて人は絶対に行っちゃいけない店かもね。(笑)

スバンに出来たらしい店が気になるなぁ・・・・・。でも片道30分以上掛かることを考えると・・・。

No tags for this post.