あのガクトもお薦めの「Tamarind Springs」(タイ料理のお店)に行ってきた

マレーシアに居を移す前からこの店「Tamarind Springs」の噂は聞いていて、いつか行きたいなと思っていました。

今回はシドニーから次男坊夫婦が来ていますので、これを機会に行ってみることに。

私達が聞いていたのは、店が二件あって、KLの郊外の自然の中にある店とKLのブキビンタンにある店。

でも調べてみると4件あるんですね。(ホームページはここをクリック

◯ Fook (Contemporary Asian Fusion Cuisine)

◯ The Terrace at Tamarind Springs (Thai Hotpot and Grill) ← 行ったのはこの店

◯ Tamarind Springs (Traditional Indochinese Cuisine)

◯ Tamarind Hill Kuala Lumpur (Thai and Shan Cuisine)

一番上と一番下はKLの街なかにある店で、私達は自然の中にあるようなアンパン郊外の店を選びました。でも距離的には遠くなくてモントキアラから30分以内に着いちゃう。

予約のために電話を入れると、「タイ料理?インドチャイナ料理?」と聞かれましたので、タイ料理の方へ。(これは失敗だったかも)

タイ料理は「The Terrace at Tamarind Springs」ですが、Google mapで見ますと「Tamarind Springs」とは数百メートルの距離がある。ところがGrabで行きましたら、「Tamarind Springs」を過ぎた先は通行止め?

どうやって行くんだ?とGrabの運ちゃん共々悩んでいるところに通行人。その人に聞いてみると、私達が通り過ぎた「Tamarind Spirings」から入っていけば良いと。

入り口には店の名前も書いていなかったような・・・。

道路沿いにある入口は小さくて、これが大きな店の入口か?と悩むような感じ。でもそこを入って進んでいくと・・・

小路は延々と続く。

そして到着。ここが玄関なんですね。

待ち合わせの若者たちが来るまでバーでいっぱい飲みましたが、これが激ウマ。

ジントニックらしい。私はジンは臭くて好きじゃないんですが、ヨメさんに任せて出てきたのがこれ。ハーブによってジンの臭さは弱まっていて本当に美味しい。こんなのがあるんですねぇ。キュウリのスライスも入っている。

一息ついてこのお店を見渡してみて驚きました。

美しい・・・・・

それが360度、どの方向を見ても「絵になる」んですね。私はこういうお店をマレーシアで見たのは初めて。

今回の写真ですが、スマホとは別に私の大好きな勝負カメラを持っていったんですよ。ソニーのコンパクトデジカメ(RX1R)ですが、これを持っていったのは大正解。

しばし、私の写真でこの店の雰囲気を見てください。

あ、そうそう。この店は夜の雰囲気が良さげですが、真っ暗だと面白くないので「まだ明るい19時に予約」を入れました。

まず小路を歩いていると迎えてくれるのがこの像。東南アジアあるあるの漫画チックじゃないのが好印象。

RX1R-09151
店の内部ですが、360度、どこを向いてもカメラのシャッターを押したくなる。それとこの店ってライトの使い方がうまいのね。

RX1R-09157
RX1R-09177-2
RX1R-09153
RX1R-09162
RX1R-09225
RX1R-09268
RX1R-09235
RX1R-09232
下の写真が、この日の一番のお気に入りのショット。

RX1R-09330-2
RX1R-09260
RX1R-09220
RX1R-09175
RX1R-09258
そして帰り道。

RX1R-09329
ありゃりゃ。お店で食べた料理のことを書かなくちゃ。

次の日記に書きますね。すいません。

No tags for this post.
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
食事・マレーシア
Dabo's life in KL, Malaysia

コメント

タイトルとURLをコピーしました