安倍さんの米議会演説(同時通訳)

とうとう、その日が来ましたね。日本の首相として初めてのアメリカ上下両院合同会議での演説。

世界が注目している中で安倍さんが何をいうのか気になっていましたが、やっぱりこんな場所で爆弾発言するはずもなく、またアメリカ議会での話ですから韓国中国に話しかけるような内容があるはずもなく、当り障りのない演説だと思いました。ま、こういうのはひとつの「儀式」みたいなもんなんでしょうか。

しかし、中韓はガタガタ言うでしょうねぇ。謝罪がなかったと。

でも演説そのものは「未来志向」であるのが良くわかるし、それが答えなんでしょう。後ろ向きの連中は置いていこうという雰囲気があったような気さえします。この演説に合わせて、ニューヨーク・タイムズに「パールハーバーを忘れたのか?」みたいな広告を韓国の大学教授が出しましたが、これは逆効果で韓国世論に対するアメリカの「疲れ」を助長するんじゃないですかね。

あの戦争で戦ったのはまさに日本とアメリカであるわけで、その主役同士が今まで以上の連携を約束して、オバマ氏は「日本の国連常任理事入り」を支持すると宣言したくらいですから韓国の出る幕はないでしょう。でも一つのハイライトとして安全保障でのより強い結びつきがちょっと気になるわけで(新しい日米ガイドライン)、今まで以上に「アメリカのポチ(犬)」になると世界に宣言したのと同じような感じもありますね。日本でもここが今後の焦点、争点になってくるんでしょう。そしてこれに関しては中国が強く反発してくるだろうし、今まで以上にあの手この手の攻撃をしてきそうに感じます。

これからどんなニュースが出てくるんでしょうか。

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ