「ユッケ」はやっぱり韓国風が一番美味しいと思うなぁ

大好きなユッケですが、外食でその店にユッケがあるとほぼ確実に注文してどんなユッケなのか食べてみるのが習慣になっています。

どこのユッケが一番美味しかったか?

う~~む、忘れた。 (笑)

他店のユッケを食べてみて、「家で作るユッケをより美味しくしよう」と思うわけですが、この前、気になったのが「金牛」のユッケ。

これって韓国風じゃないのね。イクラは別にしてもです。(笑)

まず肉の切り方が韓国風の「大きめに切る」のではなくて、洋風のタルタルステーキみたいに肉が細かいと言うか潰れていると言うか。

洋風のタルタルステーキって「ミンサー」でミンチにしたものを使う店も多いようで、歯ごたえがまるで違うのね。そして当然、混ぜるものも違っていて、共通するのは「生肉」っていうだけみたいな。

私は今まで洋食のタルタルステーキを食べて美味しいと思ったことはないのですが、この「金牛」のユッケは結構イケると思ったんですよ。

で、どうにかこれを真似ようといろいろ考えていたのですが、肉を見ていると「韓国風で作ってくれ~~」と肉が懇願しているような気さえしてくるのです。(笑)

だよな~~。そうだよな~~~~。

ということで、結局はいつもの通り。

ただちょっと変えてみたのは、

◯ 玉ねぎを擦り下ろす

◯ 韓国梨も擦り下ろす

これらを混ぜ込むってこと。

私は醤油などの他に必ず「キムチの素」を入れるのですが、これがいい仕事をしているんじゃないですかね。また場合によってはコチジャンを入れてみたり。

そして今回、作る前に、またユーチューブで韓国式のユッケの作り方を見ていたのですが、「ごま油の量」が私と違うのに気がついた。結構、多めに彼らは使うのが普通みたい。

ということで、私もごま油を多めに入れてみました。すると結構美味しい。ごま油って不思議で、私はごま油が好きなせいか、たくさん入れてもオエッってならないんですよ。それどころか、サシの入った牛肉を使った時みたいな滑らかさが増して、これって結構大切なことだと思いました。でもサシが入っている肉を使った場合(普通は赤身を使う)はごま油を減らさないと駄目なんだろうと思ったり。

肉の切り方で食感がガラッと変わるし、やっぱりユッケはこんな感じの切り方が一番美味しいと思った。

私がユッケに使う牛肉っていろいろで、「ユッケは赤身を使うべし」という決まりみたいなことは無視しています。でも和牛みたいにサシがびっちり入った肉はユッケには合わないと思う程度。

プラザモントキアラに韓国人経営の肉屋があるんですが、そこで売っている「ユッケ用の肉」は「韓牛のランプ」なんですよ。日本で言う和牛という感じなんですが、これがちょっとサシが入っていて、これでユッケを作ると結構美味しいのね。またこの店の並びにベルギー料理の店があるんですが、その店で出しているタルタルステーキもこの店のその肉を使っている。その店のオーナーがちょくちょく買いに来るからすぐわかりました。(注文が入ると肉を買いに来るみたいな 笑)

久しぶりにあの肉を買いに行ってくるかな~。

でもその肉を焼いて食べると固くてどうにもならず。やっぱり和牛とは違うね~。

ここまで手を加えるユッケもあるんですね~。味はシンプルだと思うけれど、良い肉だったらこんなふうにして食べてみたい。

ま、一般的にはこんな感じなんでしょうね。どちらも間違いがないのは「韓国梨」を使うこと。これがあるないとじゃ結構違うのね。梨の代わりにリンゴを使うと全く違う食べ物になる感じ。

 
 
 

No tags for this post.