最近困っている事

しかしまぁ、今回の災害。特に原発事故に関してはいろいろ考えさせられることが多くて、また巨大な利権、権力者側の横暴、それに尻尾を振るマスコミの図式も見えたし、そしてそんなことには全く関心も持たずに知らん顔していた自分にも反省がありました。

こういう状態を放置したからこそ今回の事故に繋がり、その責任が国民にもあると思う、なんてことをあるSNSで書いたら卑怯者呼ばわれされちゃいましたが、まぁ他の国民はどう考えるのは勝手にしても、国民の一人である自分としてはなんだか共犯者だったような後ろめたさがあるんですよ。

で、今までは「原発容認派」でしたが、調べれば調べるほどやっぱり駄目だと思うようになり、一度開けてしまったパンドラの箱ではあるものの原発は封印したほうが良いと考えるようになりました。

また、今まで世の中には知らん顔していた分だけ原発以外にもちょっといろいろやろうかなんて世の中を見回してみると、えーー、こんなことに命を賭けたんだ、なんて人もいて自分があまりにも世の中の事に無関心であったことに恥ずかしさを感じています。

黒木昭雄氏って知ってます?元警察官のジャーナリスト。彼は警察が不合理な結論を出した殺人事件を一人で追っていて、最後は援助者もおらず、マスコミにも無視をされ、力尽きて自殺していたのを最近知りました。好きなジャーナリストでした。

彼のブログ  ←クリック

彼が追っていた事件。ザ・スクープ  ←クリック

スクープのページの下の方をクリックするとその放送内容が見れます。

目先の問題として原発問題はまだまだ続いているわけで、私としてはやりたいこと、言いたい事がいろいろあるんだけれど、もちろんこれも私一人でどうなることでもないので、その気のある人たちと連携してできることを続けて行こうと思うのだけど、困った事が一つあります。

政治力ってもちろん大事で、民意を盛り上げて、なおかつそれを政治の場に持って行くことになるわけですが、期待できそうな政治家って誰か?

とりあえず今回の原発関係でも聞く耳を持っていろいろ動いてくれていたのは「福島瑞穂」しかいない。社民党の党首。これって困るんだよなぁ・・・・。残念ながら私が全く支持できない政党です。でもボランティアの多くもそっち系なんですよ。共産党系も多い。

私としては保守として動きたいのだけれど、保守系にはそういうのが全く見当たらないんです。これもまたおかしなもんで、原発反対派は左派の団体が多くて、保守の中には、「左派が言うことだから反対に反対する」なんて人もいるようでどうにもならず。反対と言えば左派とレッテルを押される様子。

チャンネル桜も推進派で、「ここで怖気づいてどうするんだ!」なんてハッパを掛けているけれど、これってミッドウェイで負けて敗戦色が濃くなったのに本土決戦だと騒ぐのに似ていて、私には付いていけない論理展開をしてる。日ごろは「見えないものに対する尊敬、畏怖の思いが大事」なんて言う割には原発は「人間の知恵と技術で絶対に押さえ込める」と信じている様子。まぁ、裏に「核装備」があるのだけれど、保守派は総じて原発賛成派。

保守派でコツコツやってるグループがあればそこを中心に参加したいし、支援もしたいと思うのだけれど、どこにも見当たらず。政府交渉、議員セミナー等を開いているのは全部左派。

なんか良い案ないですかね。

民間シンクタンクで「原子力資料情報室」なんてのもあるんだけれど、正直なところ私から見てまとも(感情的にギャーギャー騒がずに、論理的、科学的な活動をしている)のはその組織ぐらいしかありません。

原子力資料情報室  ←クリック

ソフトバンクの孫さんが「自然エネルギー財団」 設立をして脱原発を訴えて行くと言うけれど、何か保守系のオヤジでも参加できるような運動、組織ってありませんかね?

とりあえず、今回は自由報道協会とか独立系のジャーナリストには大変お世話になったし、スポンサーも無く資金には困っている様子なので微々たる支援はしたいと思ってますが、もう少し具体的な(保守系の)運動に参加したいのです。

中島岳志氏の言う「今こそ保守派は、原発に根源的な批判を向けるべきです。」に賛同。

ここ  ← クリック

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ