スコッチエッグを作ってみた

皆さん、スコッチエッグってご存じですか?

私は全く知らなくて、ユーチューブで見て「これは美味しそうだ」と思い、早速作ってみました。

ただ今回は「大豆粉」「大豆から作ったパン粉もどき」でどうなるかの実験でもあります。

出来上がりはこれ。

RX1R-03467

何の事はない、半熟卵をハンバーグの餡で包んで揚げただけ。

本来のスコッチエッグって普通の茹で卵を使うようですが、今回のポイントは「半熟卵」というところ。

作るのは簡単で沸騰したお湯で約6分茹でて半熟卵を作ります。

それをハンバーグの餡に包む。この時に、茹で卵に小麦粉(今回は大豆粉)をまぶすのがポイント。くっつきやすくするためですね(大豆粉に小麦粉と同じ効果があるのかはわかりませんが)。

RX1R-03437

これを包んで大きな団子状にする。

RX1R-03445

これを普通のフライと同じように衣をつけて揚げるだけ。小麦粉の代わりに「大豆粉」、パン粉の代わりに「大豆から作ったパン粉もどき」。

RX1R-03460

このままじゃ見た目もなんだし、卵に味がついていませんから、半分に割って塩コショウしたのが一番上の写真。

美味しかったです。やっぱり半熟卵ってのがミソだろうと思ったり。

ところがですね、これを見たヨメさん。「あら、スコッチエッグを作ってるの?」ですと。

ヨメさんって本当に不思議なやつで、こんな食べ物を一緒に食べたこともなければヨメさんは家で作ったこともないのですが、ちゃんと知ってるのね。なんで?

彼女も、「美味しいじゃん」とは言ってくれたものの、

「これなら普通のハンバーグの上に卵焼きを乗せれば良いんじゃない?」ですと。

が~~~~ん。orz

ったくもー、あいつが言うことは一々筋が通ってるから腹が立つ。

ところがですね、これを作ろうと思ったのはいつも気に入ってみている人の動画レシピが発端だったんです。

でも彼は(いわゆる)ハンバーグの餡で包んでいるんじゃないんです。彼が使ったのは「イタリアンソーセージの中身」なんですね。それに「ネギ」を刻んで入れている。

こういう変化をつけるから、このスコッチエッグもどきに意味があるんだろうと・・・。

見た目は同じようでも全く違う料理なんですね。残念でした~~~~。

今日はこれと鶏もも肉のフライも一緒に「食べ放題」をしたのですが、血糖値はな、な、なんと111.6mg/dl。\(^o^)/

鶏のフライ。大好きなドラムスティックの骨を外した肉を使いました。大豆粉と大豆から作ったパン粉もどきがどの程度のものかの実験だったのですが、味的には全く問題なし。ただパン粉もどきの感触が「サクサク」した感じではないのが残念でした。

RX1R-03473

 
 
 

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ