玄米が高血糖に良いなんて大嘘だった(人体実験の結果)

糖尿病の人は玄米を食べると良いとか、血糖値が上がりづらいとか、それも「生(なま)食」すれば良いとか、まぁ世の中ではいろいろ言われていますが、それは本当なのか?

ということで自分の体で人体実験。

使った玄米ですが、生食はそのままではかなり厳しいので玄米粉を使いました。非常に細かい粒子のタイプです。

RX1R-04533

量は70グラムとしました。米は炊くと大体倍の重さになるので、70グラムの玄米粉はほぼ炊いた玄米一膳分の量に相当します。

RX1R-04535

これに水をカップ一杯混ぜると牛乳のようになりました。これを一気に飲み干しましたがこの玄米粉は粒子が非常に細かいタイプなので、違和感はさほどありません。ちょっと粉っぽい牛乳を飲んでいるような感じ。

RX1R-04538

血糖値ですが、

食べる前   113.4mg/dl
30分後   174.6mg/dl
1時間後   174.6mg/dl
2時間後   138.6mg/dl

以前、白米を一前食べた時の血糖値推移はこうでした。(その時の実験はここ)

食前     100.8
食後30分  169.2
1時間    162.0
1時間30分 154.8
2時間    160.2
2時間30分 131.4
3時間    111.6
3時間30分 104.4

血糖値の推移は白米一膳とほぼ同じです。この玄米粉は「ナマ」なのを忘れないでください。消化が悪いナマ状態です。

米の澱粉ですが、炊いて火を通すと澱粉がアルファ化(糊化)して消化しやすく、ナマの状態ではベータ化の状態で消化吸収が悪く、そのまま腸に達すると言われています。冷や飯ダイエットも理屈は同じで、冷やすとアルファ化したご飯がまたベータ化して、消化が悪いので痩せるという理屈。

私の実験は炊いたお米と生の玄米粉、それも量がきっちり同じわけでもなく、ちゃんとした比較にはなりませんが今回の実験で大筋は見えるはずです。

結論としては

◯ 玄米はたとえ生食をしてもしっかり消化吸収する
◯ あるいはダボは異常なほどの消化吸収能力がある(笑)

このどちらかでしょう。

玄米も米粒のままのナマなら消化は悪いはず。でもそれをしっかり噛み砕いて飲み込めば粉とほぼ同じの結果になるんじゃないでしょうか。また発芽玄米も良いと言われていて、それの生食を薦める人も結構いますが、それの実験をした時には血糖値が200を超えてしまいました。普通に炊いたらもっと凄いことになるはず。もしも糖尿病の人だったらかなり恐ろしい数値になるはず(この日記

血糖値が高い人や、ガンと戦う人の中には「玄米」「玄米の生食」「発芽玄米の生食」が良いと信じている人は少なくありません。でもこれだけ血糖値が上がったら「全く意味は無い」と思います。

ただ、血糖値が上がっても糖尿病に良いとかガンにも良いということをいう人もいるはず。実際に玄米は白米に比べて栄養価も高いですから。

しかし糖尿病の場合は血糖値を低く抑えたいはずですし、ガンの場合は「ガンに糖質を与えずに兵糧攻めにして死滅させる」のが目的ですから、どんな食べ方をしても血糖値が上がる玄米は【全く効果はない】と言っていいはず。

今回実験する前にもいろいろなサイト、ブログを読みましたが、どうして皆さんおかしなことばかり書くんでしょう。中には「玄米のGI値が低い」ということだけで玄米を薦める人がいます。

ばかやろ~~、ですよ。

ウドンやラーメンを食べるのは駄目だけれど蕎麦なら良いとか。パンでも全粒パンならOKとか。こういうGI値信者の声を聞いたら駄目なんですね。でも蕎麦も全粒パンも良いのは確か。ところが大きな差なんて無いんですね。ドングリの背くらべレベル。

こんなことは実際に食べて調べてみればすぐにわかることですが、多くの人達は実験もせずに書いている。どこかで聞いたこと、習ったことをそのまま書いている。

こういうことを信じて、真剣に病気と戦う人たちが玄米を食べたり、そして本来考えられないような「ナマ」で食べたり。蕎麦や全粒パンが良いとか、タマネギは血糖値を下げるとか、本気でそれをやっている人も結構いるんですね。いい加減なことを書いている人たちはどうやってその責任を取るんでしょうか。しかもアフィリエイトで利益を出そうとしているのがわかるブログだと、私は訴えてやりたいぐらいに思います。

しかし、今回の実験はがっかりな結果でした。GI値の低い玄米でしかも消化の悪いナマですから、まさか【炊いた】白米と同じような結果になるとは思わなかったです。

本当に残念です。

実は、この実験とは別に

◯ 火を通してから冷却し食べてみる(アルファ化した澱粉の一部がまたベータ化して消化が悪く血糖値は上がらないと言われているから)
◯ 火を通す時に油を使い、冷却して食べてみる(油を使うとベータ化する量が増えるらしい)
◯ それを加熱して食べてみる(油を使うと再加熱してもベータ化が維持されるらしい。実際に炒飯やは血糖値があがりづらいらしい)

これらの実験を今後やろうと思っていましたが、やる気がなくなりました。生で食べても駄目なものに火を通して食べたらどんなことをしても無駄だと思うから。

多分、今までより10%減とかそういうレベルの血糖値減少で大喜びする様な人なら、玄米でもそれの生食でも良いのでしょう。でもそんな程度の違いは「焼け石に水」と言うべきで、大騒ぎするほど効果があるとは思えません。

そもそもGI値なんてのは忘れたほうが良いってことなんですね。調理の仕方でもその食材の消化吸収のスピード(血糖値の上がり方)が変わるのは実験するとすぐにわかりますが、そのことに関して書いている人なんてこの広いネットの中で未だかつて一度足りとも見たことがないんですよ。でもGI値が低いものを食べましょうという人はゴマンといる。いかに多くの人が「適当な知識」で話をしているのかがよく分かるはず。自分で実験もせずに「知識」を開陳しているだけ。

私達はやっぱり「糖質の量」を一番考えるべきで、それが多い限り、GI値が高かろうと低かろうと大した問題じゃないってこと。もし「いや、それは違う」というのなら、理屈じゃなくて、またどこかの資料じゃなくて自分で試した実験値を出して見せてくださいな。

また、「食物繊維」は血糖値を上げづらくするという話も似ていて、それは確かにそうなんでしょう。だからといってそれを薦めるって、私に言わせると「理屈をこね回す学者」にしか思えないんですわ。間違いではないけれど大した役には立たないわけで、そんな話を真に受けて、藁をも掴む気持ちで一生懸命それを食べる人たちのことも考えて欲しいです。

でもね、一番悪いのは「他人の話を鵜呑みにする人」なんですね。自分の体なのに自分で確かめることもせずに、人の話を信用する人。

計測器を持って自分で計れば、全てのことがはっきりわかるんですから。

このブログに「タマネギは血糖値を下げるのか」という検索で飛んでくる人が多いのがわかっていますが、そもそもそんなことを調べる必要も無いんですね。自分で食べて、自分で計ってみればすぐわかることじゃないですか。そんな簡単な事さえしないで、どうして他人の話を聞こうとするんでしょうか。

ちなみに(私の場合は)タマネギを食べると血糖値はガンガン上がります。タマネギの糖質は重さの7.6%ぐらいあるわけですが、まさにその通りに上がります。ましてや消化吸収がしやすいようなトロトロのスープだったらかなり上がってしまう。

タマネギが血糖値を下げるか下げないか、あるいは玄米を食べたらどうなるか、それも「ナマ」で食べたらどうなのか、そんなことも自分でやってみればすぐに答えが出るんですね。1000人の人が「血糖値は上がらない」と言っても自分の血糖値が上がったとすれば、自分にとっての事実は「血糖値は上がる」ということでしかないんですから。

ネットの中の「週刊誌レベル」の情報の多さにはいささかがっかりしています。

 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

18 thoughts on “玄米が高血糖に良いなんて大嘘だった(人体実験の結果)

  1. はじめまして、GUSTAVE代表の鶴谷と申します
    ブログを拝見させて頂きお声を掛けさせて頂きました

    現在相互リンクを頂ける方を探しているのですが
    もし宜しければ御検討頂く事は出来ないでしょうか?
    ホームページの内容に関して下記のページにて確認頂き
    もし可能でしたら御問い合わせ欄よりご連絡頂ければ幸いです
    何卒宜しく御願い致します

    GUSTAVE
    http://gustave-buzz.com/

    • リンクを貼られるのはご自由にどうぞというポリシーですが、見てわかりますようにこのブログでは他のサイトのリンクがありませんし、今後もそれをやる予定はないのです。

      ですので、申し訳ありませんが「相互リンク」はできません。

  2. 人体実験お疲れ様です。

    実験しないとわからないことってありますが、今回の結果がまさにそれですね。

    健常者ですと、糖質1g摂取当たり血糖値が約1mg/dl上昇するそうですから、GI値を参考にするよりも、摂取する糖質量から自分の血糖値の上昇を想定するほうが良いかもしれませんね。

    daboさんの場合、糖質約50g摂取で血糖値が約60mg/dl上昇しているので1.2で健常者レベルですね。

    GI値について、少し誤解があるようです。

    GI値の論文や関連サイトなどにも書かれていることなんですが、食品を煮込んだり、すりつぶしたり、その他の食材とともに調理したりするとGI値が変わってくるので、GI値は参考程度に用いてくれとのことです。

    尚、daboさんと同じようなことに興味をもたれている方もいるようですよ。

    http://oneness-lab.jp/2014/07/31/brown-rice-2/

    • GI値はそういうものであるというのは理解していますし、それを今回証明しましたし、GI値信者が殆どであるネットに危惧を抱いているわけです。

      ご紹介されたサイトですが読んでみました。

      GI値とはそういうものであると気がついている人は「若干」いるのは私も知っています。前にも書きましたが、あの有名なドクター江部も「糖質の含有量」が重要であり、上がるものは上がると書いていますし、私も「GI値を重視するべきではない」と声を大にしないとならないと思っていますので今日の日記のような書き方をしています。

      先日見つけた女性のブログですが、私と全く同じことに気がついているのですが、GI値を重視するなと書くと反発があるのを避けているような、疑問符付きの書き方でしたので思わず笑ってしまったこともありました。

      一般的には論文などは読まないのが普通で、多くのGI値信者にネットは毒されていると私は思っています。

      しかし生玄米の血糖値を上げるスピードがここまで早いとは私は想像もしていなかったので、正直びっくりしていますし、GI値ばかり重視するなと書く人でさえも、生玄米は吸収が遅いと書いていますね。ドクター江部もそうですし、紹介してくれたブログの中で紹介していたブログもそう。

      結局、このブログ主もおかしいなぁとは思いながら、生玄米なら大丈夫、血糖値上昇は緩やかだろうと思っているのが伺えます。

      ここが大問題なのです。

      また生玄米食を長年薦めている有名な学者もいて(他界した)、その影響を受けた人はかなり多いのです(ドクター江部もそう)。弟子、信者も非常に多い。

      それを考えますと、もしかしたら「私の消化吸収能力」が異常なのかもしれないと、実は本当に悩んでいるのです。(笑)

  3. 難消化性デキストリンはお試しでしょうか?
    ダイエットの気休めに服用しております。
    血糖値の管理ということでシビアさが違うとは思いますが、もし一助になれば食事のレパートリーが多少広がるかもしれません。
    アマゾンで現末を購入し、何でも特定保険食品に変身させています。

    • はい、まだスタートしていませんが、難消化性デキストリンが面白そうだと何度かこのブログに書いていますし、アマゾンで購入済みで先週届きました。

      これには大いに期待しています。

  4. 今回の実験ですが、粉末を水で溶いたものを摂取されていますよね?

    そこが血糖値が白米並みに上昇した仕掛けなんじゃないかなと思うのですが、いかがでしょうか?

    粉末状にすると、咀嚼した場合にくらべ断面積が飛躍的に増加します。

    断面積が増えるということは、糖質が溶け出すスピードも当然早くなるわけですから、生の玄米であっても血糖値の上昇速度が白米並みになったのも納得がいく気がします。

    でも、これも実験しなければ判らなかったことですね。

    「では、粉末ではなく生の玄米のままだったらどうなんだろう?」という疑問が残りますが。。。

    >もしかしたら「私の消化吸収能力」が異常なのかもしれないと、実は本当に悩んでいるのです。(笑)

    奥様と比較実験されたら面白いと思いますが、恐らくご協力を得ることは難しいでしょうね。。。

    • 「生の玄米を粒のまま食べた」のが一番最初の実験でした。でも血糖値は計っておらず、そもそも生の玄米なんか食べられるのか?のテストだけです。

      そしてこれも書きましたが、私は非常に歯が丈夫ですから、高性能の臼のように細かくして飲み込みます。粒のまま飲み込んだわけじゃない。これは水に浸して食べた発芽玄米も同じ。その時は血糖値が200を超えたことは書いたとおり。

      そもそも玄米の生食を薦める人たちも、そのまま飲み込むということはありえず、「顎が痛くなるほど噛む」わけです。

      粒のまま飲み込めば血糖値の上昇はかなり遅くなるでしょうが、それにどんな意味があるのか私にはわかりません。

      ヨメさんに協力を頼んでも・・・、「バッカじゃないの?」という毎度の言葉を聞くことになるだけだしょうね~~。(笑)

  5. daboさん、こんにちは。

    先日白米(マレーシアブランドのすもう)に
    グレープシードオイルを入れて炊き
    さましてから塩おにぎりにして食べました。(半合)

    2時間後の血糖値は187

    ケーキを食べた後より高いとは!

    やはり大好きなご飯をお腹いっぱい食べても
    血糖値が上がらないなんて妄想でした。。

    あくまでも私の場合ですが
    ご参考までにご報告しました。

    ダボさんの次なる実験を楽しみにしています。

    • mayaさん、こんにちは。

      実験なさったんですね。

      半合ってちょっと多めのご飯一膳程度ですかね。180グラムぐらいかな?

      2時間後で187ですかぁ。う~~む。1時間後だったら200を超えてますね。

      油を使わずに炊立てだったらどのくらいになるのかわかりませんが、2時間後に187だったら嬉しくないですね。でもきっと世の中では「いつもなら200を超えるのに!!\(^o^)/」という感覚なのかもしれませんね。

      結局、ウドンより蕎麦のほうが良いとか、白米より玄米だとか、そういうことなんでしょうね。

      厚生労働省が言う「食べるべき炭水化物の量」を絶対なものとして考えれば間違いなく良いのでしょうが、その前提がそもそもおかしいんじゃないかという考え方がそこにはないんでしょうね。

      また、もし「油を使う」「冷や飯」「生食」なら血糖値が上がらないにしても、それって「難消化」だからそうなるはずで、それすなわち「食べていないのと同じ」だから本来は「食べるべき炭水化物の量」の計算に入れるべきではないはずで、そういう食べ方には意味が無いという理屈になるんですかね?

      血糖値が上がるものを食べなければ血糖値が上がらないのは当たり前の話ですが、(本流の)医療の世界では「血糖値の上がるものを食べても上がらないようにする」という無駄な抵抗をしているような気がしてきます。

      上がるものは食べなければ良いという考え方が世界中に広まっていて、医学会でも論争になっていますが、事実はどこにあるんでしょうね。「自分が納得するならそれで良い」ってことだと思うのですが、「医者の立場では言えないこと」というのもあるんでしょうし、結局は「極端なことはするな」というしかないんでしょうし、本当にそれで糖尿の人たちは救われるのかどうか。

      ま、短期間のダイエット目的なら関係ないんでしょうが・・。

      私としては日記にも書きましたが、実験する必要もないような気がしています。「極度の危険」が「かなり危険」な程度に下がったところで、私にしてみると「排除すべき危険」に全く変わりがありませんからお話になりません。

      我々みたいに計ればすぐわかることなのに、「これで良くなる」と信じている人がきっと世の中にたくさんいるんでしょうね。これを誤解で済ませていいのかどうか・・・。

  6. 生玄米を主食としている糖尿人です。 実験された玄米粉は工場で微粒子化したもので、おそらくアルファ化しているのではと思われます。 ミルサーでご自身で粗い粉末にしてよく噛んで召し上がると異なる結果がでるかもしれません。 私も毎日3種類の血糖値測定器で一日12回以上測定しながらの食生活を送っております。 生玄米には助けられております。 食後血糖値測定の頻度を増やされると色々面白い結果が得られます。 多分、糖尿ビジネスの大本山江部医師のサイトでも否定的な意見が多かったのでと思いますが、私は生玄米推進派です。 なお、同じく否定されている純粋沖縄黒糖も一旦値があがるものの劇的に下げてくれます。 この件は誤解を招いてはいけないので詳細は伏せますが。

    • 生玄米に助けられていらっしゃるんですね。素晴らしいと思います。

  7. daboさんこんばんは

    実験で使われた生玄米粉ですが、液体にして飲まれたので、胃の通過速度が速かったのと、前述の方がおっしゃるように、粒子が細かいので、胃通過後のでんぷん→糖への分解が早かったのではないでしょうか。

    糖尿病の評価では一般に空腹時と食後2時間の値が使われることが多いのですが、それだと、玄米粉の方が成績良いですよね。
    でも実際は急激に血糖が上がる方が問題なので、こういう実験て大切だなあと思います。
    (健康保険では担保してもらえませんが・・・)

    • はーーい、今晩は~~。

      結局ですね、「糖質があるものは必ず血糖値を上げる」という基本中の基本は変わらないということだと思っています。

      上でも話されていますが、GI値もそうで、結構あてにならない。それより「食べ方」の方が血糖値の動きに関係ある(つまり消化)のは実験でわかっていて、GI値が高いものでも「消化の悪い食べ方」をすれば血糖値の上がりは遅いし、GI値が低くても「消化の良い食べ方」、つまりトロトロに煮込んだりすればアウトなんですね。

      だから生玄米もそれこそそのまま飲み込めば良いのは間違いがなくて(笑)、でもそれで血糖値が上がらないから良いなんてのは全くの的外れなんですね。

      私が生玄米に期待していたのはそういうものとは違うレベルで、「本当に血糖値を上げないのかどうか」だったんです。そしてそれが事実だとしても、「うどんより蕎麦の方が血糖値が上がらない」と言われるのと同じレベルで、実際には「大した差は無い」のが事実だと思っています。

      こういう実験っていろいろやって初めて「自分にとっての事実」がわかるわけで面白いと思います。

      「なんでも生のまま噛まずに飲み込む」のがベストだとわかった。(笑)

      それと前にも書きましたが、「水を飲んではダメ(消化の助けになるから)」とか、体重増加を気にするモデルたちの常識も、結構、良い所をついているなと思ったり。

  8. こんにちわはじめまして
    液体に近いデンプンほど消化が早いから注意なんですね
    とても勉強になります

  9. akihoさん、いらっしゃいませ~~。

    世の中にはGI値に拘る人が多いですが、私は「料理の仕方」が一番重要で、消化吸収が良いように、例えばドロドロのスープ、離乳食みたいにしたらばっちり消化吸収してしまう。

    ところがもし「生のまま」「切らずに齧る(笑)」みたいな食べ方をすればあまい人参でも消化吸収に時間がかかりますので、血糖値はさほど上がらないんじゃないでしょうか。

    どちらにしましても、ご自身で「血糖値を測る機械で測る」ことによって「自分にとってはどういう結果が出るのか」がわかりますよね。100人が大丈夫だと言っても自分の血糖値が上がってしまったとすれば「それだけが自分にとっての事実」なんですから。

    調理方法でも変わるところも忘れてはならないポイントだと思います。

    私のヨメさんが遠い昔ファッション業界にいたのですが、モデルの人たちの食事の仕方を聞いて理にかなっていると思いました。なんと水分を極力摂らないそうです。でも食べたものが消化した頃にはガブガブ飲む。

    水分が多ければお腹の中で食べたものがフヤケて消化しやすいようになってしまうからでしょう。

  10. dabo様初めまして昭和32年生まれの柴田と申します。
    玄米生食で検索して辿り着きました。私も特に糖尿病診断はされていないのですが親しい友人が癌と診断されたのを期に糖質制限などに注意を向けるように成りました。お腹いっぱい食べたあとに眠くなるのは自然なことで当たり前だと、以前は全く疑問にも思わなかったのですが此れも糖が成せる技だったんだと無知を恥じる次第です。
    dabo様の人体実験のおかげで発芽玄米を作る所為も玄米粉を摂取することも生玄米を食すことも、全て糖からは逃れられないことが良くわかりました。玄米は身体に良いとの風聞を盲信していたのですが糖を身体に入れたくなければ口にしないのが一番で、食べ方に彼是と悩む必要はないことに帰結しました。ありがとうございます。
    コメントを残そうを思ったのは「春ウコン」の情報をお伝えしよう(ウコンで検索しても何も出なかったので)と思ったからです。
    知人の癌宣告後に、以前耳にしたこの春ウコンについて更にネットで検索したところ「春ウコン研究会(ガンは癌にあらず)」に辿り着くことが出来、こちらの情報の中では癌を抑えると同時に糖尿病にも顕著な効能があった事例が紹介されていました。
    試しに低血糖症と診断された子供に1ヶ月程摂取を続けさせたところ本人から体調の変化を告げられ、本当に免疫力の改善に一定の効果があるのかと驚きました。
    おかげで今年は庭先に春ウコンの苗芋を植えるほどのバカ信者です。
    お目汚し失礼しました。

  11. 柴田さん、コメントを有難うございます。

    世の中にはあれが良い、これは駄目とかいろいろ言われていますが、大事なことは「自分で実際に食べて【血糖値を計ってみる】」ということに尽きると思います。

    血糖値が上がらなければそれで良いし、上がれば駄目だし、個人差もあるんでしょうし、食べ方に寄ってもまるで違うのは何度も書いている通り。

    消化の悪い食べ方をすれば血糖値の上昇は緩やかですが、それは「糖分が少ない」という意味ではないわけで、「がん対策」の方は本当に注意しないと駄目ですよね。

    「糖質を減らす、あるいは一切摂取しない」ぐらいのことをやらないと駄目だろうというのが私の結論です。

    人間の身体ってよく出来ていて、「効率よく栄養を摂る」様に出来ていますから、「血糖値を上げない」のは難しいのでしょう。糖質を含むものを食べても血糖にならないとしたら人間はもうすでに絶滅しているのかもしれません。

    柴田さん、是非そのご友人に「自分で血糖値を測ってみる」ことを是非勧めてください。それで全てが明らかになるはずですから。私ももしガンになったら糖質制限をきっちやって「ガンに栄養を与えず兵糧攻めにする」つもりでいますし。

    春ウコンの情報をありがとうございます。調べてみますね。

    またいつでも遊びに来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください