新しい調理器具を手に入れた~~~。サーモンナイフね。

私は「道具を使いこなす」というより、「道具を集める」のが好きなのは間違いないようです。収集癖っていうのですか?

子供の頃からそれは同じで、花を育てるのが好きだったのですが、「種」のいろいろな種類をたくさん集めたり。これは今でも同じで、日本(野菜類)、台湾(花)、オーストラリア(野菜類)から取り寄せた種、球根がいろいろあったり。でもまずは手に入れて育ててみないとマレーシアに合うかどうかわからないもんね~。(笑)

今のカメラの趣味も同じかもしれない。写真よりカメラそのものが好きみたいな。(笑)

調理器具に関してはおもしろそうなものが世の中にいろいろあるので、欲しいものばかりなのですが、特に「包丁」にはなんとも言えない魅力を感じています。見ているだけでうっとりしたり(危ないジジーか?)、使いこなせなくても青紙二号(ハガネ)の良い包丁が欲しいと思ったり、様々な種類の包丁を使ってみたいという思いは常にあります。

包丁に関して、前から気になっていたことがあります。

あまり使うことはないのですが、「柳刃包丁」の使い方が難しいと感じていました。柳刃包丁と言うより「片刃の使い方が難しい」と言ったほうが良いかもしれません。

和包丁は片刃が多い。西洋では両刃。

この片刃ですと、私にはうまく切れないんですよ。食材を右から切るとした場合、「刃が(自然に)左に入っていく」んですね。厚く切る時にはさほど気にならないのですが(でも厚いほうが刃が左へ入ろうとする力は強い)、薄切りする場合は厚さが均等にならず、自分の下手くそさに結構イライラします。だから切れ味が悪くても「両刃の柳刃包丁(そういうのも売ってる)」が良いかなとかいろいろ考えていました。

でも一番使う刃渡り15センチの「骨スキ」も片刃ですが、これは全く問題なし。

これ、最高。大のお気に入りです。40年前に調理場でちょっとバイトをしていたときに気に入っていたものと同じものを入手しました。私の思い出が詰まった、そして万能包丁みたいなもので、切れ味も最高の状態をキープしています。でもちょっとサビが出ていて・・・。

[itemlink post_id=”74044″ alabel=Amazonで探す rlabel=楽天市場で探す ylabel=Yahoo!ショッピングで探す]

柳刃包丁ですが、実は刺し身を切るわけでもなくて、主に切るのは「肉」なんです。

肉を薄く切りたいケースって結構あって、マレーシアですから日本みたいに「薄切り肉」を手に入れるのが難しいのも関係しています。でも自分の好きな肉をブロックで買ってきて、それを薄切りしたくてもなかなかうまくいきません。前にも書きましたが、卓上型「電動スライサー」も手に入れようと真剣に悩んだぐらいです。(海外在住者で持ってる人は結構多いのね)

マレーシアでもこの手の電動スライサーが1万円ぐらいから売っている。(あまりにも安いのは良いとは思えないけれど)(日本では1万円以下でもいろいろある)

今の時点では肉を切る時には牛刀を使ったり、柳刃包丁で切ったりしているんですが、うまくいかない。

ということで、サーモンナイフを使ってみることに。ローストビーフを切るのにサーモンナイフを使うプロも多いらしい。私は実際にはサーモンを切ることはありませんが、これなら肉を薄く切れるかもしれない。でも下手くそって何を使っても駄目なのが普通ですから、どうなるかはわからず。

このサーモンナイフって「スモークドサーモン」を薄く切る時に使う。

藤次郎プロ セルヴィス・アン・サーレ SDモリブデンバナジウム鋼 サーモンスライサー 300mm FD-709。当然、刃は両刃で、包丁を引けばまっすぐ入っていくはず。

[itemlink post_id=”74050″ alabel=Amazonで探す rlabel=楽天市場で探す ylabel=Yahoo!ショッピングで探す]

我が家ではよく食べるローストビーフですが、やっぱり「もっと薄く切りたい」と思うことは結構あるんですよ。

RX1R-06924

↑みたいじゃなくて、せめてこの下の画像の薄さで切るのは鼻歌交じりで切りたい。肉を冷やせば固くなるので薄く切るのは楽にはなるんですが・・。

これはヨメさんが「普通の安い三徳包丁」で切りました。(笑)

ヨメさんに「どうしてお前には出来て俺には出来ないんだ?」というと、敵は勝ち誇った顔をします。ジグソー。(T_T)

RX1R-02443

切り方一つで美味しさがまるで変わるんですよね~~~~~。

生肉も薄く切れれば嬉しいのだけれど・・・。

このサーモンナイフがあれば、私でも思うように切れるかもしれない。それとも無駄な買い物となるのか・・・。これと柳刃包丁と使ってみてどんな違いがあるのか試すのが楽しみです。

多分、あまり機会は無いけれど、刺し身を切るのも私にはこのサーモンナイフの方が簡単かもしれない。

肉を切るのなら、ブラックアンドデッカーのハンディタイプの「電動スライサー」も良いと思ったんですよ。パンや太巻きも綺麗に切れるとのことだし。

でもマレーシアには売っていませんでした。日本から・・とも考えたんですが、日本のは100ボルト用なので変圧器を使ってまで使うのはパス。

問題の根本は私のブキッチョさとダサさであるのはわかっているんですが、こればかりはどうにもならず。(T_T)

でもそういう場合は、一般的なアメリカ人が使う道具を使うと結構解決するのね。(^_^)v

 
 
 

No tags for this post.