私服警官に助けられた・・かな?

ブキビンタンはジャランアローの先にあるチャンカットで息子と二人で飲んでいました。あの欧米人がウジャウジャ集まるプレイスポットで、道路までテーブルを出している店がズラーっと並んでいるあの通り。夜中の12時頃でしたが、凄い人出。

道路に並べられた止まり木テーブルで飲んでいた時です。道路ですからテーブルの横を通行人がどんどん通るわけですが、ある一人の青年が息子の後ろポケットから1リンギット札を取り出したのです。

そうそう、すれ違いざまにです。

彼はその1リンギットを私達のテーブルの上に置き、息子の肩をポンポンと二度叩いてから歩き去りました。

これなに?

すられたわけでもなく、息子は後ろポケットに入っている財布を取り出して調べて見ましたところ、ちょっとお札が顔を出していたのに気が付きました。それを通りすがりの青年が抜き取って、テーブルの上に置いて、そのまま立ち去った。

なんなんだ~~~~~~?

今の何?なんて息子と話をしだしたわけですが、どう考えても変。財布を抜き取ろうと思えば抜き取れたでしょうし、そのまま走り去られたらどうにも出来なかったはず。

おかしいねぇ、彼は一体何を言いたかったんだ?なんていろいろと二人で想像をめぐらしたのですが、さっぱりわからず。

もしかしたら、彼は私服警官じゃない?

旅行者が椅子に座って飲んでいたけれど、彼のお尻のポケットからはお札が見えていた。そして通り過ぎる瞬間にそれを抜き取ってテーブルの上に置いた。そして肩を二度叩いて、目も合わさずに立ち去った。その間、数秒。

ここはスリも多いから気をつけろ、ってか?

それしか考えられません。そしてそうだとしたら・・・・

「かっちょ良い~~~~~~~~~」

と二人で感心してました。 (笑)

その青年はTシャツにジーパン。スニーカーを履いた多分マレー人。髪が黒くてスタイルは良いけれどちょっと小柄な感じ。

よくよく周りを見てみますと、人通りが多い割には警察官の姿が見えません。これってブキビンタンの中心地とは違う。中心地は結構制服を着た警官が居てパトロールをしていましたが、観光客だらけと言って良いチャンカットには警察官が居ない。

これも変だとおもったのですが、もし私服警官を配備しているとしたら犯罪者にとってはこれほど怖いことは無いですよね。また飲兵衛が集まる場所ですし、宗教警察の可能性すらある。だとしたらやっぱり私服警官が一番怖い。そして役に立つ。

私服警官以外に何か考えられますかね?

     
「にほんブログ村」のランキングに参加しております。是非、応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ