タッケジャンスープを作ってみた

最近また炭水化物を減らしているんですが、やっぱり食物繊維が足りない。そこで野菜を多く取ろうと思ったのですが、普通の野菜はそれなりに炭水化物が多いのでうまくない。

ということで、韓国風をアレンジしたユッケジャンオリジナルを作ろうと。でも煮込んで美味しそうな牛肉がない。

鶏肉はあるのでそれでやろうか。

鶏肉で作るのはタッケジャンという。

今回の調理実験のポイントとしては、牛肉だとしっかり煮込んでおいしくするけれど、私は鶏の煮込みはあまり好きではない。鳥の味が弱いこちらの肉で、なおかつ煮込んだら抜け殻になってしまうから。でも煮こまないとスープが出ない。

ということで、鶏肉は私の一番好きなドラムスティックを使い、骨からはずしてその骨だけでまずはスープを作る。時間がないので圧力鍋で15分。圧を掛ける前にかなりアクは取ったのだけれど、随分出ている。

RX1R-05136

濾したら綺麗になった。これはこれで横に置いといて・・

RX1R-05138

食物繊維を取るには最高の、そして韓国料理ではお約束の乾燥野菜を準備する。ワラビ(Gosari)とタロの茎(Toran)。

RX100-05160-1

水で戻すと時間が掛かり過ぎるのでお湯で戻す。もっと急ぐ場合にはそれを火にかけて重曹を入れればあっという間に柔らかくなる。

RX1R-05132

これを適当な大きさに刻む。ただチャングムのように長さをぴったり揃えるなんてことはしない。

それをボールに入れて、たっぷりの韓国粉唐辛子、コチジャン、醤油、ゴマ油、ニンニクのすりおろしたもの、醤油を混ぜておく。

RX1R-05133

鶏は一口大に切って、湯通しして準備する。

RX1R-05139

鍋にスープと味をつけたワラビ、タロの茎を入れ煮込む。10分ぐらい煮込んでから最初の味見をして調整。物足りないのでシイタケ出汁の素、昆布出汁の元を入れる。

そこに鶏肉を入れ、5分ぐらい煮込んでからネギ、ヒラタケ、戻した椎茸を入れる。5分ぐらい煮込んでからエノキ、モヤシを入れる。

RX1R-05142

沸いてきたら味見をし調整して出来上がり。韓国風だからごちゃごちゃに混ぜてしまってOK。

RX1R-05144

後は盛りつけるだけ。青唐辛子、赤唐辛子を乗せ、白ごまをたくさん振る。

RX1R-05146

美味しい~~。から~~~い。汗びっしょり。

でもやっぱり鶏肉だとパンチが無いですね。とは言うものの鶏肉は長く煮込んでないからプリっとしてしっかり味もあっていい感じ。

野菜、キノコ類だらけで食物繊維はバッチリ。

ご飯も無し。麺類も無し。

まだ半分ぐらい残っていますので、これに納豆を入れて納豆チゲみたいにしても良いかも。キムチ、豆腐もいれるかな。

ご馳走様~~~~~~~~~。

血糖値は・・・・、ありゃ、計測器がない・・・。ま、いっか。